ニュース
» 2010年08月13日 11時11分 UPDATE

PCのブラウザからAndroidにリンクを一発転送――Chrome to Phone Extension

Google ChromeブラウザからAndroid 2.2以降のスマートフォンなどに、URLや電話番号、選択したテキストなどを簡単に転送し、画面上に表示できるエクステンションが登場した。

[園部修,ITmedia]
Photo Chrome to Phone Extension

 Googleが8月12日(現地時間)、PC向けのWebブラウザGoogle Chromeの拡張機能として「Chrome to Phone Extension」を発表した。エクステンションを組み込むと、Chromeブラウザにボタンが用意され、専用アプリをインストールしたAndroid 2.2以降のスマートフォンにWebページやGoogle Mapsの地図、YouTubeの動画、電話番号、選択したテキストなどを簡単に転送できるようになる。

 この連携機能は、メールでURLを転送するのとは異なり、Androidスマートフォン側で瞬時にブラウザやマップアプリ、YouTubeアプリなどが開き、そのページや地図、映像が表示される。さらに電話番号を選択して転送すれば電話をかける直前の状態に、文字列を選択して転送すればクリップボードに入った状態になる。

 ただ対応OSはAndroid 2.2以降となっている。Android 2.2で実装されたAndroid Cloud to Device Messaging(C2DM)サービスを利用するためだ。現在は英語版のみの提供となっており、Android向けのアプリは米国、英国、カナダ、オーストラリア、アイルランド、ニュージーランド、南アフリカ向けに配信が開始されているが、日本ではダウンロードできないようだ。なお英語以外の言語に対応したバージョンも開発中だ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.