ニュース
» 2010年08月18日 17時21分 UPDATE

劇場版「宇宙戦艦ヤマト」のFlash待受アニメ 「キャラタイム」で毎日配信

プライムワークスが、ソフトバンク向けのエージェント型待受プラットフォーム「キャラタイム」で、「宇宙戦艦ヤマト The Origin」のまちアニの配信を開始した。総尺40分のFlashアニメを28分割し、毎日1エピソードずつ配信する。

[富永ジュン,ITmedia]

 プライムワークスが8月17日、ソフトバンクモバイルのシャープ製端末で利用できるインテリジェントメガ待受サービス「キャラタイム」の新サービスとして、過去の名作アニメを起用した「まちアニ」シリーズの配信を開始した。利用料金は840円(従量課金)。

 キャラタイムは、時間帯やストーリーに沿ってインタラクティブにFlashアニメーションを再生することにより、まるで携帯電話の中でキャラクターが生活しているかのような表現を可能にしたインテリジェント型ケータイ待受サービス。まちアニ第一弾タイトルとなる「宇宙戦艦ヤマト The Origin」では、主人公の古代進と錆びた戦艦大和とが出会うシーンから、ガミラス本星での宿敵デスラー総統との死闘、そしてイスカンダルを経て遥かなる旅路の終わりまで、「宇宙戦艦ヤマト」の名場面を余すところなく収録。

 具体的には、宇宙戦艦ヤマトの劇場版第一作目となる「宇宙戦艦ヤマト」を約40分のFlashアニメーションに再構築し、それを約90秒ずつの28のエピソードに分割して毎日1エピソードずつ配信する。また、キャラクターの名セリフをアレンジしたデコレメールが送られてくるおまけイベントや、充電中に今まで視聴したエピソードを連続再生できる「再生モード」も用意されている。さらに、本編終了後には劇場版「宇宙戦艦ヤマト」の公開当時に放映されたスペシャル映像をFlashアニメーションに編集したものを「アナザーストーリー」として配信する。

 このほか、待受画面では今日のスケジュール件数や万歩計、天気予報、未読メール、不在着信などを宇宙戦艦ヤマトのキャラクターがお知らせする機能も搭載している。

 アクセスは、「Yahoo!ケータイ」→「メニューリスト」→「壁紙・きせかえアレンジ」→「待受Flash」→「メガ待受キャラタイム」から。対応端末は、940SH、941SH、942SH、943SH、944SH、945SH、841SHs、841SH、842SH。

Photo (C)東北新社
待ち受けFlashアニメーションのほかにキャラクターによるお知らせ機能や名セリフのデコレメール、再放送機能など盛りだくさんだ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.