ニュース
» 2010年08月23日 12時31分 UPDATE

「T-01A」の通話機能に不具合――バージョンアップ開始

ドコモの東芝製スマートフォン「T-01A」のバージョンアップが開始された。バージョンアップをすることで、通話機能の不具合が改善される。

[田中聡,ITmedia]
photo 「T-01A」

 NTTドコモは8月23日、東芝製のWindows Phone「T-01A」の不具合を改善するソフトウェアアップデートを開始した。

 アップデートで改善される事象は、通話中に、特定の条件下でT-01Aからの音声が途切れる場合があるというもの。なお、ソフトウェアアップデートを実行すると、T-01Aに登録されたアドレス帳、カメラ画像、ダウンロードデータ、ユーザーが設定した情報、購入後にインストールしたアプリケーションなどのデータはすべて削除されるので、事前にバックアップをする必要がある。

 また、Windows Mobile 6.5用のソフトウェア更新ファイルをWindows Mobile6.1版のT-01Aに適用すると、OSがWindows Mobile 6.5にバージョンアップされる。Windows Mobile 6.5へバージョンアップした後は、Windows Mobile 6.1に戻すことはできない。

 ソフトウェアの更新は、PCから更新ファイルをダウンロードし、T-01Aに取り込んで実行する。詳細な更新方法とダウンロードファイルは、東芝のWebサイト(外部リンク)で案内されている。ソフトウェアの更新時間は約10〜15分。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう