ニュース
» 2010年08月23日 13時37分 UPDATE

雑誌「スピリッツ」でAR――iPhoneかざして“とび出す!漫画”体験

漫画雑誌「ビッグコミック スピリッツ」の創刊30周年を記念して、「AR(拡張現実)体感企画 “とび出す!!スピリッツ!!”」が催される。WebカメラやiPhoneを誌面にかざすとキャラが立体的に浮かび上がる。

[山田祐介,ITmedia]
photo

 小学館は8月23日、漫画雑誌「ビッグコミック スピリッツ」創刊30周年プロジェクトとしてAR(拡張現実)を使った企画「AR(拡張現実)体感企画 “とび出す!!スピリッツ!!”」を展開すると発表した。同誌第39号(8月30日発売)から2号にわたり実施する。

 ARとは、ITを駆使して現実環境に情報を重ね合わせる技術のこと。同企画では、誌面に掲載されたARマーカーにWebカメラやiPhoneのカメラをかざすことで、同誌の歴代連載作品から選ばれた30作品のキャラクター達が誌面から立体的に出現し、“とび出す!漫画”を体感できるという。同誌第39号ではWebカメラを使ったARを、第40号(9月6日発売)ではiPhoneを使ったARを用意する。

 また、同企画はファッションブランドのBEAMSとコラボレートし、「ビームスT 原宿」では、ユーザーがスピリッツの表紙に入り込んで撮影できるARインスタレーションを展開するほか、「マンガート ビームスT 代官山」では複製原画や作家の使用道具の写真などを展示する。

関連キーワード

iPhone | 漫画 | 拡張現実 | Webカメラ | 小学館 | ARアプリ


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.