レビュー
» 2010年08月25日 08時30分 UPDATE

「F-06B」の“ここ”が知りたい:第4回 FOMAカードなしで使える?――「F-06B」のWi-Fi機能をチェック

F-06BはIEEE802.11b/g準拠の無線LAN(Wi-Fi)機能を搭載しており、クライアントとしてだけではなく、アクセスポイントとしても利用できる。どんな機能が使えるのか、検証してみた。

[Sho INOUE(K-MAX),ITmedia]
photophoto 富士通製の「F-06B」。ボディカラーはWHITE、BLACK、CYAN

質問:クライアントモードの使い勝手は

photo Wi-Fi接続でフルブラウザを利用すると、より快適にファイルをやり取りできる(写真はTwitpicトップページ)

 F-06Bのクライアントモードでは、フルブラウザでWi-Fi経由での通信が行える。通常のFOMAネットワークでの接続と比べて、より高速にデータのやり取りができる。

 クライアントモードでの通信モードは、FOMAネットワークだけを待ち受ける「FOMAシングルモード」と、FOMAネットワークとWi-Fiネットワークの両方を待ち受ける「DUALモード」が用意されている。DUALモードでは、FOMA接続を優先する設定と、Wi-Fi接続を優先する設定を選べる。なお、Wi-Fi接続のみを待ち受けるモードは用意されない。

photophotophoto クライアントモードの設定。バッテリーの持ちが気になる場合は、FOMAシングルモードにしておくといい(写真=左)。DUALモードは、FOMA接続を優先する設定(写真=中)と、Wi-Fi接続を優先する設定(写真=右)が用意されている

 接続先アクセスポイントは最大で20を登録できる。登録は自動接続設定(AOSS、WPS)、手動接続(アクセスポイント検索、ステルスアクセスポイント設定)で行える。暗号化はWEP、WPA-PSK(TKIP/AES)、WPA2-PSK(TKIP/AES)に対応している。

photophotophotophoto クライアントモードでの自動接続設定はAOSS(写真=左端)とWPS(写真=左中)に対応している。WPSはプッシュボタン方式、PINコード入力方式の両方に対応している。ESSID(アクセスポイント名)を隠している場合も、手動設定をすれば接続できる。上級者設定にすると、IPアドレス、DNSサーバー、Proxyの手動設定までできる(写真=右中、右端)

質問:FOMAカードなしでWi-Fiを使えるか

 Wi-Fi機能の利用時には、FOMAカードの挿入が必須となり、本体単体ではクライアントモードは利用できない。また、Wi-Fi経由でのIP電話(SIPクライアント)機能やWi-Fi経由でのiモード通信(ホームU)は非対応となる。

photo FOMAカードを抜いた状態でWi-Fiクライアント設定を開いてみた。この通り、通信モードの設定はできるものの、Wi-Fiのオン、オフなどの設定はできない

質問:アクセスポイントモードの使い勝手は

photo

 アクセスポイントモードでは、最大4台のWi-Fi機器間でFOMAパケット通信を共有できる。初回起動時には、パケット定額料金に関する警告が出る。

 標準では「パケ・ホーダイ ダブル」と「パケ・ホーダイ シンプル」加入者が利用できる「mopera U」の速度制限(下り128Kbps、上り64Kbps)アクセスポイントで接続する設定になっている。このアクセスポイントで接続した場合の上限額は5985円。より速く通信したい場合は、それ以外のアクセスポイントに接続しよう。ただしほかのアクセスポイントに接続した場合の上限額は1万395円となる。

※初出時にmopera Uのアクセスポイントの通信速度が誤っていました。お詫びして訂正いたします。(9/29 17:17)

 端末にはあらかじめmoperaとmopera Uのアクセスポイントが設定されているが、それ以外のFOMAパケット通信用のアクセスポイント設定(APN)も端末から編集できる。端末で編集したAPNはUSB接続とBluetooth接続時に利用するものとは別個に保存されるので注意しよう。

photophotophoto アクセスポイントモードの初回起動時に出る警告画面。同意するとアクセスポイントモードが利用可能となる(写真=左、中)。プリセットされている接続先設定。標準では「mopera U 128k」という接続速度が制限されたものを使って接続するようになっている。定額料金が1万395円になるが、それ以外のFOMAパケット用のアクセスポイントも使える(写真=右)

 接続後、画面に接続クライアント数とESSID(アクセスポイント名)が表示されるので、Wi-Fi機器で接続を設定すればよい。自動接続設定としてはAOSSが利用できる。暗号化はクライアントモード同様、WEP、WPA-PSK(TKIP/AES)、WPA2-PSK(TKIP/AES)が利用できる。ESSIDステルス(アクセスポイント名を隠す)機能やMACアドレス(Wi-Fi機器固有のID番号)フィルタリング機能も搭載している。

photophotophoto アクセスポイント起動中は、画面に接続中機器台数(最大4台)とESSIDが表示される。通信の暗号化は、現在対応しているものは一通り対応している。MACアドレスによる接続制限も可能だ
photophoto バッテリーの持ちの問題もあるので、接続待機時間を5分、10分、15分から選べる(標準では15分)。接続待機時間なし(常時接続)設定はバッテリー駆動中はお勧めできない。接続台数を制限する設定もある

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう