ニュース
» 2010年08月25日 14時59分 UPDATE

Twitterの返信やDMをiコンシェルでお知らせ――「twiコンシェル」

アイリッジが、TwitterのMentionやダイレクトメッセージをiコンシェルで通知するサービス「twiコンシェル」のβ版をスタートした。

[園部修,ITmedia]
Photo twiコンシェル

 アイリッジが8月25日、iコンシェルでTwitterのMention(自分あてのツイート)やDM(ダイレクトメッセージ)を通知するサービス「twiコンシェル」のβ版をスタートした。

 twiコンシェルを利用すると、登録しておいたTwitterアカウントあてにツイートがあったり、DMが届いたりした場合に、待受画面のマチキャラが知らせてくれる。Twitterクライアントを起動しなくてもMentionやDMが届いたことが分かるため、自分あてのメッセージに素早く反応したいときに役立つ。

 サービスは無料で利用できるが、β版では会員登録を5000人までに限定し、使い勝手や機能の検証を行う。このサービスは、アイリッジが提供するiコンシェルASP「pop info」の技術を利用して実現した。pop infoは、モバイルサイトやショップ、飲食店などが、iコンシェルを利用した情報配信をPC 1台で活用できるASPサービスだ。

 利用登録は http://twcn.jp/ から行える。

Photo twiコンシェルのイメージ

関連キーワード

Twitter | iコンシェル | ASP | β版 | NTTドコモ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう