ニュース
» 2010年08月25日 18時23分 UPDATE

ソフトバンクモバイル、「緊急地震速報」を一部地域で開始

ソフトバンクの「緊急地震速報」が8月25日に一部地域で開始された。対応機種は「831N」のみ(2010年8月25日現在)。

[田中聡,ITmedia]

 ソフトバンクモバイルが8月25日、「緊急地震速報」を一部地域で開始した。

 同サービスは、気象庁が配信する緊急地震速報を、輻輳の影響を受けずにソフトバンク端末で受信できるもの。気象庁が最大震度5弱以上と推定した地震の際に、強い揺れ(震度4以上)が予測される地域が分かる。対応機種は「831N」(2010年8月25日時点)。月額利用料と通信料は無料。

 2010年8月25日時点の対応エリアは、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、新潟県、愛知県、岐阜県、静岡県、三重県、大阪府、兵庫県、京都府、滋賀県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県の全域と、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県の一部地域。そのほかの地域は順次対応する予定。詳細はソフトバンクモバイルのWebサイト(外部リンク)を参照。

photo 緊急地震速報の対応エリア

 緊急地震速報は、2009年11月下旬〜12月末に長崎、熊本、宮崎、鹿児島で、それ以外の地域では2010年2月初旬〜5月末に開始を予定していたが、「緊急地震速報の品質向上のためにネットワークの見直しを図った」(ソフトバンクモバイル)ことから、延期されていた。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.