ニュース
» 2010年08月31日 14時02分 UPDATE

iPhoneやXperiaにも対応:三洋電機、ケータイやニンテンドーDS向け“eneloop”充電器の新製品

三洋電機の充電池「eneloop(エネループ)」をコンセプトにした充電器4アイテムが登場。ケータイやiPad、ニンテンドーDSを充電できる。販売は10月21日から。

[田中聡,ITmedia]

 三洋電機は、iPadやケータイ、ニンテンドーDSなどのモバイル機器向けの携帯型充電器「エネループ ブースター」シリーズの新製品4アイテムを発表。いずれも10月21日に発売する。

 今回発表した製品は、「eneloop mobile booster」1アイテムと「eneloop stick booster」3アイテム。前者はUSB出力付きリチウムイオンバッテリー「KBC-L2BS」、後者はUSB出力付きハンディ電源「KBC-D1BS」、ニンテンドーDSLite専用充電アダプタ「KBC-DS2AS」、ニンテンドーDSi/DSi LL専用充電アダプタ「KBC-DS3AS」をラインアップする。

 USB出力付きリチウムイオンバッテリーは、USB経由で一般のケータイやiPhone、iPad、iPod touchを充電できるほか、同梱のMicro USB用アタッチメントを用いることで、Xperiaの充電も可能。Xperia以外のMicro USB端子搭載のスマートフォンについては現時点では動作確認ができていないので、「対応を確認し次第発表する」(三洋電機)とのこと。

 同アイテムは、従来品(KBC-L2AS)の2倍となる1アンペアの出力を実現しているのも特長の1つ。USB端子を2つ備えているので、500mAhの出力時に、1度に2台の機器を充電できる。ただしiPhoneとXperiaはいずれも1アンペアの出力が必要なので、これら2台の同時充電はできず、一般のケータイとiPhoneといった組み合わせで充電することになる。USB端子を1つ使用した場合は最大約4時間、2つ使用した場合は最大2時間の給電が可能。

 サイズは62(幅)×70(高さ)×22(奥行き)ミリ、重さは約130グラム。本体の充電時間は専用ACアダプタ使用時が約7時間、USB入力時が約14時間。予想実売価格は6000円前後。

photophoto 「eneloop mobile booster」の新製品、USB出力付きリチウムイオンバッテリー

 USB付きハンディ電源は、同梱されている単3形「eneloop」2個を本体に入れ、USB経由でモバイル機器を充電できるもの。こちらもMicro USB用のアタッチメントを同梱しており、Xperiaの充電も可能。ボディは18(直径)×148(高さ)ミリのスティックタイプで、重さは約76グラム(電池含む)。スリムで持ちやすい形状となっている。出力は500mAhで、給電時間は約90分。予想実売価格は2980円前後。

 ニンテンドーDSLite専用充電アダプタと、ニンテンドーDSi/DSi LL専用充電アダプタもスティックタイプの充電器。こちらも同梱の単3形「eneloop」2個を使って充電する。サイズは18(直径)×148(高さ)ミリ、重さは約94グラム(電池含む)。予想実売価格はそれぞれ3500円前後。

photophoto eneloopを使って充電する「eneloop stick booster」の新製品

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.