ニュース
» 2010年09月03日 19時01分 UPDATE

携帯販売ランキング(8月23日〜8月29日):もはや敵なし? 「iPhone 4」10週連続首位 (1/5)

いったいいつまでこの状態が続くのか――携帯販売ランキングでは「iPhone 4」の連続首位獲得数が10の大台を迎えた。また、順位が降下していたAndroid端末「Xperia」も、SPモード対応の発表があってか再び盛り返した。

[山田祐介,ITmedia]

キャリア総合ランキング TOP10

2010年8月23日〜2010年8月29日
順位前回順位キャリアモデル
1位1ソフトバンクモバイルiPhone 4(32Gバイト)
2位2ソフトバンクモバイルiPhone 4(16Gバイト)
3位3auAQUOS SHOT SH008
4位8NTTドコモXperia
5位4NTTドコモF-06B
6位39aubeskey
7位6au簡単ケータイ K004
8位7NTTドコモSH-07B
9位12NTTドコモF-08B
10位9NTTドコモN-06B

この記事は、マーケティング会社GfK Japan調べによる全国の家電量販店のPOSデータを集計し、モデル別のランキングで紹介しています。


photo 首位の「iPhone 4」

 「iPhone 4」の32Gバイトモデルが10週連続で首位を獲得したキャリア総合ランキング。16Gバイトモデルも9週連続で2位を獲得し、iPhone 4旋風はやむ気配がない。ホワイトモデルがいっこうに販売されず、電波感度の問題を抱えるなどトラブルつづきのiPhone 4なのだが、それでもこうしたランキング結果になるというのは驚くほかない。今、日本で一番売れている携帯電話の機種はiPhone 4なのだ。

 そして、今回のランキングでは、順位が降下していたNTTドコモのAndroid端末「Xperia」が8位から4位に浮上したことにも注目したい。同端末は「@docomo.ne.jp」のアドレスが利用できる「spモード」に対応したことで、ケータイユーザーがより乗り換えやすい端末になっている。量販店でもこうした新機能が大々的にアピールされており、乗り換えを検討していたユーザーの買い換えが進んでいるのかもしれない。

 一方、ケータイの中で大きな動きを見せたのがauの夏モデル「beskey」だ。同端末は39位から一気に6位にまでランクアップした。

       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.