ニュース
» 2010年10月01日 22時31分 UPDATE

富士通、東芝の携帯事業を統合――新会社は「富士通東芝モバイルコミュニケーションズ」

10月1日、富士通が東芝の携帯電話事業を統合。新会社「富士通東芝モバイルコミュニケーションズ」がスタートを切った。

[ITmedia]

 富士通は10月1日、東芝との携帯電話事業の統合が完了し、新会社を設立したことを発表した。新会社の社名は「富士通東芝モバイルコミュニケーションズ」。資本金は4億5000万円で、出資比率は富士通が80.1%、東芝が19.9%。社長には富士通 執行役員常務の大谷信雄氏が就任する。

 両社は携帯電話事業の統合について、7月29日に最終契約を締結し、事業統合の準備を進めてきた。このほど、東芝が携帯電話事業を譲渡した新会社「富士通東芝モバイルコミュニケーションズ」の株式を富士通が取得し、富士通傘下の統合会社となったことで事業統合が完了した。

 新会社では、両社のノウハウや技術を統合た新製品やサービスを開発。主にKDDIやソフトバンクモバイル向けの端末を開発し、当面は東芝ブランドでリリースする予定としている。なお、これまでNTTドコモ向けに端末を提供してきた富士通の携帯電話事業は、富士通が継続する。

関連キーワード

富士通 | 携帯電話 | 東芝 | 事業統合


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.