ニュース
» 2010年10月05日 14時27分 UPDATE

CEATEC JAPAN 2010:富士通ブースにヨコモーション搭載の「大画面ダブルタッチパネルケータイ」

CEATEC JAPAN 2010の富士通ブースには、タッチパネルを搭載したワイドディスプレイを2つ搭載した「大画面ダブルタッチパネルケータイ」が展示されている。実際に動作を体験することも可能だ。

[園部修,ITmedia]

 10月5日に開幕したCEATEC JAPAN 2010の富士通ブースでは、「ケータイ電話の未来像」と題して「大画面ダブルタッチパネルケータイ」を参考出展している。

PhotoPhoto 富士通が参考出展していた「大画面ダブルタッチパネルケータイ」。ヨコモーション機能を備え、上下の画面はどちらも横に回転できる

 大画面ダブルタッチパネルケータイは、960×480ピクセル表示に対応したワイドディスプレイを2つ搭載した折りたたみケータイのコンセプトモデル。どちらのディスプレイもタッチパネルとなっており、縦画面と横画面を自在に切り替えられる“ヨコモーション”機構を備える。

 折りたたみケータイの形をしていながら、上下の両画面がどちらもタッチパネルで、シームレスにデータの表示と操作ができ、データ、メール、Webサイトの閲覧や操作などが今までにない形で体験できる。

PhotoPhotoPhoto 左が大画面ダブルタッチパネルケータイの初期画面。下画面のメニューから各機能を呼び出す。デモのため通話機能は用意されていなかった。Contactsを開くと、アドレス帳が呼び出せる。氏名の一覧が上下画面に表示され、名前を選択すると連絡先などの詳細が現れる。Browserを開くとWebブラウザが呼び出せる。上下の画面をフルに使ったブラウジングが可能だ
PhotoPhotoPhoto Mailで受信ボックスを開くと、メールを一覧表示できるほか、上画面をリスト、下画面を本文といったように表示を分けることも可能。長いメールは2画面で本文を確認することもできる。ヨコモーションで上下の画面を横向きにすれば横長の画面での表示も可能。Webブラウザはこの形で閲覧したほうが使いやすそうだ

 2つの画面を生かし、上部にメールの題名と差出人を一覧表示しつつ下部にメールの本文を表示したり、2画面を組み合わせてWebブラウジングをしたり、複数のソーシャルメディアのグループを一覧表示し、上画面で目的に応じてメディアやグループを切り替え、下画面でデータを表示するなどといった用途を想定している。2つの画面は“ソーシャル”と“ローカル”という概念で区分し、上部に仲間のグループ、下部に端末内の写真などを表示し、ローカルからソーシャル空間にデータを送る、といったデモも体験できる。画面は必要に応じてキーパッドにしたり、情報表示領域にしたりでき、豊富な情報量と操作性を両立した。

PhotoPhoto Photosを開くとフォトビューワーが表示される。端末内に撮りためた写真が一覧できるほか、画面上部にSNSやTwitterなどのグループを表示し、下画面で写真を選択してグループにドラッグすると投稿する、といったデモも見られる。写真のスクロールの動作もなかなか軽快だ

 OSはSymbianで、画面は既存の富士通製ケータイの雰囲気を残しているが、新機能などはまったく新しいユーザーインタフェースで実現されている。動作は軽快で、CPUの性能が向上しているため、ソフトウェアの作り方次第では、上画面と下画面でまったく別のアプリケーションを動かすことも技術的には可能だという。

 なお大画面ダブルタッチパネルケータイは参考出展品のため、電話機能のソフトウェアが入っておらず、通話を試すことはできなかった。とはいえ機構的にはマイクやスピーカーも備え、電話としてもきちんと機能するという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.