ニュース
» 2010年10月18日 11時26分 UPDATE

iidaシリーズ:iidaファーストモデル「G9」の後継――岩崎一郎氏デザインの「G11」

iidaの2011年春モデルとして登場する「G11」は、iidaの第1弾モデル「G9」の後継機種だ。デザインは岩崎一郎氏が手がけており、スペックと操作性が大きく向上している。

[園部修,ITmedia]
Photo 岩崎一郎氏デザインの「G11」

 iidaブランドのケータイ「G11(ジーイレブン)」は、2009年4月に発売されたiidaのファーストモデル「G9」の思想を継承しながら、操作性と機能の向上を図った後継モデルだ。今回もデザインはプロダクトデザイナーの岩崎一郎氏が担当しており、端末はソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズが製造する。販売は2011年の春を予定している。

 G9と同様、飽きの来ない上質なデザインを目指して製品化されたG11は、フルスライド型に近い独特なデザインのスライドケータイに仕上がっている。ディスプレイには傷が付きにくい強化ガラスを配し、側面はステンレスフレーム、背面には滑らかな手触りで、なおかつ汚れにくいASC(Anti-Stain Coating)塗料を採用した。雰囲気はG9のそれを踏襲しているが、閉じた状態のG11はハードキーが1つしかないシンプルな顔立ちだ。

 ディスプレイ面には、閉じた状態でも簡単な操作が行える、十字キーと決定キーの代わりになるタッチセンサーと、着信の応答および終話が可能な円形のハードキーを1つ配置。端末を開くと、スラントキーの十字キーや決定キー、ダイヤルキーなどが現れる。ヒンジはスライド幅60ミリとかなり大きく開く仕様だ。

 見えない部分の機能向上も著しく、G11では1GHz動作のSnapdragonとKCP 3.0を採用しているのも目を引く。無線LANを利用してEZwebや高速データ通信が利用できるWi-Fi WINにも対応するほか、対応エリアでは下り最大9.2Mbps、上り最大5.5Mbpsの通信に対応したWIN HIGH SPEEDをサポートするなど、最先端のスペックを詰め込んでいる。グローバルパスポートGSM/CDMAに対応し、海外でもそのまま使えるのも強みだ。

「G11」の主な仕様
機種名 G11
サイズ(幅×高さ×厚さ) 約51×117×15.8ミリ(暫定値)
重さ 検討中
連続通話時間 検討中
連続待受時間 検討中
メインカメラ 有効約808万画素CMOS(AF、手ブレ補正対応)
サブカメラ
外部メモリ microSDHC(別売/最大16Gバイト)
メインディスプレイ 約3.2インチフルワイドVGA(480×854ピクセル)TFT液晶
サブディスプレイ
ボディカラー BLACK+BLACK、ORANGE+BLACK、BLUE+WHITE
主な機能 LISMO Music、LISMO Video、LISMO Book、au Smart Sports、グローバルパスポートGSM/CDMA、EZナビウォーク、EZ助手席ナビ、ワンセグ、おサイフケータイ(EZ FeliCa)、EZニュースEX、デコレーションアニメ、Bluetooth、赤外線通信、Wi-Fi WIN、WIN HIGH SPEED ほか

新機種はいつ発売?と思ったら→「携帯データBOX」
  • 各キャリアの「新機種発売日情報」
  • 未発表の端末情報をお届けする「JATE通過情報」
  • 新機種の売れ筋が分かる「携帯販売ランキング」

携帯データBOXそのほか、各端末情報が一望できる“機種別記事一覧”が新登場〜いますぐパワーアップした携帯データBOXをチェック!
携帯データBOXは、ITmediaモバイルトップページのメニューバー右側からもアクセスできます。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう