ニュース
» 2010年10月19日 13時43分 UPDATE

Android向けアプリ開発者支援プロジェクト「アンドロイドやろうぜ!by GMO」

「アンドロイドやろうぜ!by GMO」プロジェクトでは、開発ツールやiPhoneアプリからの移植ツールを無償提供し、作成したAndroid向けソーシャルゲームアプリは@GMO GameCenterを通じて配信する。

[富永ジュン,ITmedia]

 GMOインターネットとアクロディアが10月14日、ソーシャルアプリ開発者支援プロジェクト「アプリやろうぜ!」の第2弾として、Androidアプリの開発支援を行う「アンドロイドやろうぜ!by GMO」プロジェクトをスタートした。

 アンドロイドやろうぜ!by GMOでは、マルチOS・マルチデバイス対応の開発ツール「VIVID Runtime」を無償提供し、Android向けソーシャルアプリ・ゲームなどの開発が行なえるほか、GMOが新たに構築するアプリ配信プラットフォーム「@GMO GameCenter」を通じてアプリの配信ができる。また、iPhoneからの移植・開発サポート、独自のDRMシステム、国内主要3キャリアによる課金など多彩な決済手段、多言語対応サポート、定期的に実施される少人数の無料技術カンファレンスなども提供し、Androidアプリの開発者を支援する。

 さらに、賞金総額3000万円のAndroidゲームアプリコンテストを実施する。@GMO GameCenterでのユーザーレビューによって決定される賞金300万円の最優秀賞2作品のほか、カテゴリー別大賞、優秀賞100本を選出する。最優秀賞とカテゴリー別大賞は、副賞としてGMOインターネットグループメディアでのプロモーションも用意される。

 11月1日には、セルリアンタワー東急ホテルにて、Androidアプリやゲームの開発・提供に関心を持つコンテンツプロバイダーやクリエイター、エンジニア向けのカンファレンスも開催する。このカンファレンスでは、アンドロイドやろうぜ!プロジェクトの概要を説明するほか、現在のAndroid市場に関する説明なども行う予定だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう