レビュー
» 2010年10月27日 08時49分 UPDATE

写真で解説する「G'zOne TYPE-X」 (1/3)

タフネスケータイとして根強いファンが多い「G'zOne」シリーズの最新モデルとして11月下旬に登場するのが「G'zOne TYPE-X」だ。G'zOneシリーズが受け継いできた防水性能と耐衝撃性能を強化し、歴代シリーズの中で最も充実したスペックを持つハイエンドモデルとなっている。

[青山祐介,ITmedia]

 auのカシオ計算機製の秋冬モデル「G'zOne TYPE-X」は2009年夏モデルの「CA002」以来1年ぶりの登場となるG'zOne シリーズの最新モデル。2010年は初代G'zOneケータイの「C303CA」の誕生10周年にあたり、ローマ数字で“10”を意味する「X」がモデル名に与えられている。

 「原点回帰」をテーマにし、歴代G'zOneシリーズの中でも人気の高かった「G'zOne Type-R」をほうふつとさせるデザインや本体色が特徴だ。サブディスプレイにあしらった大きな円形の「マルチサークルディスプレイ」や、本体から大きく突起したバンパーは、誰しもがG'zOneだと認めるアイコンだ。ビビッドなグリーンとレッド、マットなブラックの本体色は、G'zOne Type-Rと同じラインアップ。

photophoto カシオ計算機製の「G'zOne TYPE-X」。ボディカラーはグリーン、レッド、ブラックの3色。それぞれの色名には形容詞が付いていないが、2005年に発売された「G'zOne Type-R」をほうふつとさせるカラーバリエーション。ビビッドなグリーンとレッドは、W62CAやCA002など歴代のG'zOneケータイに受け継がれていた
photo
photophoto
photophotophoto フロントパネルにはG'zOneシリーズを象徴するサークルディスプレイプロテクションのデザインモチーフが復活(写真=左)。裏面はカメラとスピーカーの部分がやや盛り上がっており、バッテリーカバーの両端には滑り止めを兼ねた溝が刻まれている(写真=中)。ディスプレイは3.2インチ、フルワイドVGAのIPS液晶を採用。上端に照度センサーとレシーバーを装備している。キーボードはモーターやエンジンの冷却フィンをモチーフにしたデザイン。キー側にボディカラーを反映したデザインはG'zOneでは珍しい(写真=右)
photophoto バンパーをモチーフにした周囲を、濃色の帯が縁取るのもG'zOneの不文律。左側面には充電、通信、イヤフォンマイク兼用の端子と、クレードル用充電端子を装備(写真=左)。右側面には滑り止めを兼ねた凸凹のあるマナー、▲▼、クイックキーを配置(写真=右)
photophoto キー側の下端には大型のバンパー「プロテクションアンテナ」が復活。文字通りこの中に通信用アンテナを格納しており、通話時に手で覆われないので、高い感度を確保できる。このバンパーの中央にはストラップホールもある(写真=左)。上端のヒンジ部側にはワンセグアンテナを内蔵している(写真=右)

 G'zOne TYPE-Xはシリーズで初めてIPX8の防水性能とIPX5の防塵性能を備え、耐衝撃性能は今回新たに米国防総省が制定したMIL規格「MIL-STD-810G Method 516.6-Shock」に準拠した落下試験をクリアした。最近のauケータイでは防水が標準のスペックになりつつあるが、耐衝撃性能は他機種にないポイントだ。

 バッテリーも強化し、W62CAとCA002では850mAhだった容量が1250mAhにアップ。これにより、連続通話時間がW62CAとCA002の260分から約390分、連続待受時間は260時間から約390時間に向上しており、それぞれ約1.5倍の利用時間を実現している。充電環境の少ないアウトドアでの利用だけでなく、長期間の出張といったビジネスユースでも重宝しそうだ。過去には「G'zOne W42CA」をベースにし、1200mAhの大容量バッテリーを搭載したビジネスモデル「E03CA」もあったが、バッテリー部分が約4ミリ突起していた。G'zOne TYPE-Xではバッテリー部をデザイン処理でスマートに収めることに成功している。

photophoto W62CAとCA002のシートキーから、G'zOne TYPE-Xでは一般的なタイルキーに変更し、G'zOneが持つ本来のタフネス感を強調。キー間を凹ませてザラザラした質感にすることで、操作性を高めている。センターキーの周囲にはこれもG'zOne Type-Rのような金属製のリングをあしらい、ハードな印象を強調している。キーボードの文字は全色共通で、独自のステンシル風書体を採用している
photo 裏面にはオートフォーカス付き1295万画素CMOSカメラとライト、大型のスピーカーを配置。スピーカーには高分子フィルタを採用し、水や塵埃の侵入を防止。回転式のバッテリーカバーロックを付属のドライバを使って開ける方法もお馴染みだ。左右にスリットの入ったデザインが特徴的なバッテリーカバーには、機能を示すアイコンが並ぶ。G'zOne TYPE-Xでは耐衝撃性と大容量バッテリーを示すアイコンが加わっている
photophotophoto バッテリーカバーを外すと防水エリアの中にバッテリーとSIMカードスロット、microSDスロットが現れる。バッテリーには1240mAhのリチウムイオン電池を採用。充電環境のないアウトドアでも長時間使える
       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.