ニュース
» 2010年10月28日 11時47分 UPDATE

ドコモ「GALAXY S」発売 アキバで堀北&ベイダー卿が応援

ドコモのAndroidスマートフォン「GALAXY S」が発売。秋葉原では発売記念イベントが行われ、堀北真希さんやダース・ベイダーが応援に駆けつけた。

[山田祐介,ITmedia]

 NTTドコモのSamsung電子製Androidスマートフォン「GALAXY S(SC-02B)」が10月28日、店頭に並んだ。秋葉原のヨドバシカメラ マルチメディアAkibaでは発売記念イベントが開催され、ドコモのイメージキャラクターを務める堀北真希さんやダース・ベイダーが応援に駆けつけた。

photo 発売を記念したテープカットの様子。左から、ヨドバシカメラの藤沢昭和社長、堀北真希さん、NTTドコモの山田隆持社長、ヨドバシカメラ マルチメディアAkibaの松井昭二郎店長、ダース・ベイダー

 GALAXY Sは、高コントラストな4.0インチのSUPER AMOLED(スーパー有機EL)ディスプレイや、ハイビジョン動画対応の500万画素CMOSカメラ、1GHz高性能チップセットを搭載したハイスペックスマートフォン。OSはAndroidの最新バージョンであるAndroid 2.2を採用している。Flashコンテンツが閲覧でき、iモードのメールアドレスが利用できる「SPモード」も搭載する。

 ドコモの山田隆持社長は、「動画やインターネット、ゲーム、いろいろなことをフルに楽しんでいただける機種」と、GALAXY Sの高性能ぶりをアピール。さらに、「発売と同時にドコモマーケットでFlashゲームや動画を公開した。また、電子書籍のトライアルも開始している。小説や雑誌、コミックなど、50種類のコンテンツを無料で楽しめる」と、発売に合わせて充実を図ったスマートフォン向けサービスを紹介した。

photophoto 挨拶するドコモ山田社長(写真=左)とヨドバシカメラ藤沢社長(写真=右)

 GALAXY Sは全世界での販売台数が500万台を突破した人気モデルで、マルチメディアAkibaでもすでに1000件ほどの予約が舞い込んでおり、店頭での即日購入はできないという。ヨドバシカメラの藤沢昭和社長も、「さい先の良いスタートを切れた」と手応えを感じている様子だった。

 イベントのゲストとして駆けつけた堀北さんは、GALAXY Sについて「画面がとても大きいのですが、とても薄くて、手になじむ感じがします」とコメント。続けて、ダース・ベイダーが登場し、GALAXY Sが発売された喜びを握り拳で表現した。

photophoto 堀北さんは薄型ボディに魅力を感じた様子
photophoto 煙幕とともに登場したダース・ベイダー。入魂のガッツポーズ
photophotophoto 店内ではGALAXY Sのコーナーを広く構えている。端末がズラリと並ぶが、モックアップが多く、実機は各所に1つずつ置かれていた。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.