ニュース
» 2010年11月04日 13時00分 UPDATE

厚さ11.2ミリの薄型・軽量Androidスマートフォン――「004HW」

これまで日本市場向けにデータ通信端末やモバイルWi-Fiルーターなどを供給し、数々の実績を作ってきたHuaweiが、Android 2.2を搭載したスマートフォン「004HW」を投入する。厚さ11.2ミリ、重量120グラムのコンパクトなボディが特徴だ。

[園部修,ITmedia]
photo Huawei製のAndroidスマートフォン「004HW」

 高速通信に対応したデータ通信端末やモバイルWi-Fiルーターブームの火付け役になった「Pocket WiFi」や、通信機能付きのデジタルフォトフレーム「PhotoVision」など、主にデータ通信分野を中心に着々と日本市場でのシェアを伸ばしてきた中国のHuawei Technologiesが、いよいよスマートフォンを投入する。ソフトバンクモバイルの2011年春モデルに予定されている「004HW」は、Huawei製のAndroidスマートフォンだ。

 フルタッチパネル型の004HWは、3.2インチのハーフVGA(320×480ピクセル)TFT液晶をディスプレイに採用した薄型・軽量のスマートフォンだ。厚さが11.2ミリと薄く、重量も約120グラムと軽量なのがポイントで、スマートフォンながらも女性の手になじむサイズを実現している。ボディカラーはブラックに加えてピンクも用意し、ライトな女性ユーザーなどによる利用も視野に入れている。カメラは5MピクセルのAF付きで、背面の上部中央に搭載する。

 OSはAndroid 2.2を搭載予定で、YouTubeやGoogleマップ、Google音声検索、Androidマーケットなど、Android端末の標準的な機能をサポート。さらにHuawei端末独自の仕掛けとして、Android標準のメニューに加え、ケータイと同じようなメインメニューを表示するユーザーインタフェースも用意した。TwitterクライアントやARアプリ「Layar」をは端末にプリインストール。さらにアドレス交換やQRコードリーダー、天気、乗換案内、のぞき見防止、ニュース、カメラ、mixiなどの定番アプリのリンクもセットした状態で販売する。S!メール(MMS)も利用可能だ。

 日本語、英語、中国語の3カ国語での文字入力をサポートするのもHuawei端末ならではの魅力だ。さらに日本語や英語、中国語、韓国語など10カ国語の表示に対応している。

「004HW」の主な仕様
機種名 004HW
OS Android 2.2
CPU Qualcomm MSM7227 600MHz
サイズ(幅×高さ×厚さ) 約57×110×11.2ミリ
重さ 約120グラム(暫定値)
連続通話時間 W-CDMA:(測定中)、GSM:(測定中)
連続待受時間 W-CDMA:約(測定中)、GSM:(測定中)
カメラ 有効約500万画素CMOS
外部メモリ microSDHC(別売/最大32Gバイト)
ディスプレイ 約3.2インチハーフVGA(320×480ピクセル)液晶
バッテリー容量 1200mAh
ボディカラー ピンク、ブラック
主な機能 GPS、Wi-Fi、世界対応、HSDPA(7.2Mbps)、Bluetooth、S!メール
発売時期 2011年3月

新機種はいつ発売?と思ったら→「携帯データBOX」
  • 各キャリアの「新機種発売日情報」
  • 未発表の端末情報をお届けする「JATE通過情報」
  • 新機種の売れ筋が分かる「携帯販売ランキング」

携帯データBOXそのほか、各端末情報が一望できる“機種別記事一覧”が新登場〜いますぐパワーアップした携帯データBOXをチェック!
携帯データBOXは、ITmediaモバイルトップページのメニューバー右側からもアクセスできます。


Copyright© 2014 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-