ニュース
» 2010年11月04日 13時21分 UPDATE

起動から撮影まで0.5秒、1410万画素カメラ搭載――「AQUOS SHOT 002SH」

カメラ機能を存分に楽しめるAQUOS SHOTが、1410万画素のCCDを搭載。前モデルの防水/防塵性能、Wi-Fi対応を踏襲しながら、さらにパワーアップしたデジカメケータイに生まれ変わった。

[後藤祥子,ITmedia]
Photo 1410万画素CCDを搭載した「AQUOS SHOT 002SH」

 ソフトバンクモバイルのシャープ製端末「AQUOS SHOT 002SH」は、カメラ機能にさらなる磨きがかかったハイエンドモデル。前モデルにあたる「AQUOS SHOT 945SH」の防水/防塵性能やWi-Fi対応を踏襲しながら、カメラの撮像素子を前モデルの有効約1210万画素CCDから有効約1410万画素CCDにパワーアップした。

 カメラの起動から撮影までの時間を高速化させ、待受画面からカメラボタンを押して撮影するまでの時間を0.5秒に短縮した“ON速起動”に対応。シャッターチャンスを逃さず撮影することが可能になった。また、スピード連写時にはフルHD画質の写真を撮影できるようになるなど、より高画質の写真撮影機能を提供する。

 カメラ機能はほかにも、スピード連写で撮影した写真から、ブレのないきれいな写真を自動で選ぶ「ベストチョイス機能」や、連続撮影した写真をスローモーションで再生する機能、シャッターを切る前後を連写で記録する「ベストセレクトフォト」などの機能を用意。ユニークな写真を撮影できる魚眼カメラやミニチュアライズカメラといった機能も利用可能だ。

 動画機能は、解像度1280×720ピクセルのハイビジョン動画(720p)撮影に対応。撮影した動画や静止画などのコンテンツは、HDMIケーブルを利用してテレビの大画面で視聴可能だ。

 さらにユニークな機能として、ファインダースルーを用意。HDMIケーブルで接続したテレビに、端末のカメラ越しに見えるものをリアルタイムに映し出す機能で、プレゼンテーションの際などに活用できる。充電台は、端末を置くだけで静止画や動画を自動で再生する「チャージングシアター機能」を搭載しており、充電中の端末でスライドショーを楽しめる。

Photo ボディカラーはブラック、シルバー、ピンク、ティールグリーンの4色をラインアップ
「AQUOS SHOT 002SH」の主な仕様
機種名 AQUOS SHOT 002SH
サイズ(幅×高さ×厚さ) 約51×112×18.8ミリ(最薄部16.2ミリ)
重さ 約134グラム
連続通話時間 W-CDMA:約210分、GSM:約210分
連続待受時間 W-CDMA:約370時間、GSM:約350時間
ワンセグ連続視聴時間 約5時間
アウトカメラ 有効約1410万画素CCD、AF/静止画手ブレ補正付き
インカメラ
外部メモリ microSDHC(別売、最大32Gバイト)
メインディスプレイ 約3.4インチフルワイドVGA(480×854ピクセル)NewモバイルASVディスプレイ(最大1677万色)
サブディスプレイ 約0.8インチ(36×128ドット)有機EL(白1色)
主な機能 GPS、Wi-Fi、防水(IPX5/IPS7)、ワンセグ、世界対応ケータイ、HSDPA(7.2Mbps)、HSUPA(1.4Mbps)、Y!ケータイ、S!電話帳バックアップ、3G動画(10M)、FeliCa、Bluetooth、赤外線、メール添付サイズ2Mバイト、PCメール、S!メール、デコレメール、モバイルウィジェットなど
カラー ティールグリーン、ブラック、シルバー、ピンク
発売時期 11月中旬以降

新機種はいつ発売?と思ったら→「携帯データBOX」
  • 各キャリアの「新機種発売日情報」
  • 未発表の端末情報をお届けする「JATE通過情報」
  • 新機種の売れ筋が分かる「携帯販売ランキング」

携帯データBOXそのほか、各端末情報が一望できる“機種別記事一覧”が新登場〜いますぐパワーアップした携帯データBOXをチェック!
携帯データBOXは、ITmediaモバイルトップページのメニューバー右側からもアクセスできます。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.