ニュース
» 2010年11月04日 19時35分 UPDATE

UIと機能を大幅に改善:Xperia、11月10日からAndroid 2.1にアップデート可能に

ドコモは、11月10日に「Xperia」のAndroid 2.1へのアップデートを開始することを発表した。アップデートにより、ホーム画面、カメラ、ブラウザ、ユーザーインタフェース全般が改善される。アップデートはPC接続した状態でのみ行える。

[田中聡,ITmedia]
photo 「Xperia」

 NTTドコモは11月4日、ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ製のスマートフォン「Xperia」について、11月10日からAndroid 2.1へのアップデートが可能になることを発表した。

 Android 2.1へのアップデートはPC接続からのみ可能で、Xperia本体からは行えない。アップデートに必要なものは、ADSL以上のブロードバンド環境、Xperia本体、同梱のUSBケーブル、Windows PC。詳細はNTTドコモのWebサイト(外部リンク)で案内されている。バージョンアップの所要時間は約10〜20分(ブロードバンド環境が約2Mbpsの場合)。

 なお、アップデートに利用できるPCを持っていない場合、ドコモショップへ来店し、店頭でバージョンアップをしてもらう必要がある。

 バージョンアップをするには、Xperia本体のメモリ容量が10%(約47Mバイト)以上確保されている必要がある。本体メモリは「設定」→「SDカード&端末容量」→「空き容量」から確認できる。Xperiaのデータはバージョンアップ後も基本的には引き継げるが、端末の状態(故障、破損、水濡れ)によってはデータの保護ができない場合があるので、「バックアップと復元」アプリなどでバックアップをしておきたい。バージョンアップに失敗し、いっさいの操作ができなくなった場合、故障修理対応扱いになる。

 Android 2.1では進化する主なポイントは以下のとおり。

ホーム画面――5ページに拡張

 ホーム画面は、これまでは3ページの表示だったが、バージョンアップ後は5ページに拡張されるほか、1ページあたりに設置できるショートカットが4×4から4×5に増える。これにより、より多くのアプリやウィジェットを設置できるようになる。各ホーム画面をサムネイル表示させ、素早くアクセスすることも可能だ。

 アプリ一覧は、これまでは画面下部をスライドさせて呼び出す仕様だったが、バージョンアップ後は、ホーム画面下部のアイコンをタップすると現れる。このほか、動きのある「ライブ壁紙」も利用できるようになる。

photophotophotophoto ホーム画面下部の四角いアイコンをタップするとアプリ一覧が現れる(写真=左端、左中)。ホーム画面の左右どちらかをロングタッチすると、各ホーム画面がサムネイル表示され、素早くアクセスできる(写真=右中)。ウィジェットも一新し、「ステータススイッチ」では機内モードもワンタッチで設定できる。YouTubeウィジェットではお勧めの動画がサムネイルで表示される(写真=右端)
photophotophoto ライブ壁紙も設定可能に。ただしXperiaオリジナルのコンテンツは入っていない(写真=左、中)。「設定」の項目も変更され、ほかのAndroid端末と同様の名称になっている(写真=右)

カメラ機能――HD動画の撮影が可能に

 カメラ機能ではHDサイズ(720×1280ピクセル、30fps)の動画を撮影できるようになったことが大きな進化点だ。また、ワイドVGAの動画撮影サイズは、フルワイドVGAに変更される。撮影時に自動でピントを合わせ続けるコンティニュアスオートフォーカスにも対応する。

photophoto 動画撮影ではHDサイズを追加したほか、ワイドVGAはフルワイドVGAに変更された(写真=左)。被写体にピントを合わせ続ける「コンティニュアスAF」にも対応する(写真=右)

ブラウザ――ダブルタップで拡大、縮小が可能に

 ブラウザは、これまでは「+」「−」の虫眼鏡アイコンをタップして拡大、縮小する必要があったが、アップデート後は、ダブルタップをすると拡大、縮小が可能になるので、片手での操作時に重宝する。また、HTML5にも対応する。

 なお、XperiaはAndroid 2.1へのバージョンアップ後もマルチタッチには対応しないので、ブラウザで2本指をつまんで拡大、縮小するピンチイン/アウトの操作は行えない。またFlashの表示にも対応しない。

photophotophotophoto ブラウザ画面をダブルタップすると、拡大/縮小する(写真=左端、左中)。サブメニューも変更され、「進む」が第1階層に表示される(写真=右中)。ブックマーク一覧はサムネイル表示され、より見やすくなった(写真=右端)

全体的なユーザーインタフェースも向上

 SNSやメールなどの最新情報を表示するTimescapeの使い勝手も向上する。Timescapeの各タイルに表示されるテキストが自動でスクロールし、長いテキストもTimescape上で確認できる。また、Timescapeのテーマを5色から変更することも可能になった。Mediascapeでは、左右にフリックしたときのサムネイル写真の表示スピードが向上した。

 通話画面の表示も改善し、通話中の画面に「連絡先」「スピーカー」「ミュート」などのアイコンを配置し、ワンタッチで各種機能を利用できる。Bluetoothは2.0から2.1にバージョンアップし、ペアリングの手間を軽減するほか、省電力化も実現する。

 キーロック画面は従来の円弧をなぞるタイプから、画面下部を横にスライドさせるタイプに変更される。新しい日本語フォント「モトヤフォント」を採用したことも変更点の1つだ。

 Eメールは、複数のアカウントを登録した場合でも、1つのリストで一括で管理することが可能になる。

photophotophotophoto Timescapeでは5色の背景を選べるようになった(写真=左端、左中、右中)。ロック解除画面は横にスライドするタイプになった(写真=右端)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.