ニュース
» 2010年11月04日 19時47分 UPDATE

飛び出す「ロックマン」がついに登場――カプコン、Androidケータイ向けに3D版ゲーム3タイトルをプリインストール

今日発表されたソフトバンクモバイルの秋冬モデルには、3D立体視対応のAndroidケータイ2機種がラインナップされる。カプコンは、その3Dモデルに人気タイトル「ロックマン」「魔界村騎士列伝」「バイオハザード ディジェネレーション」の3D版を投入することを明らかにした。

[ITmedia]

 カプコンは、ソフトバンクモバイルから発売予定のAndroid搭載スマートフォン「GALAPAGOS SoftBank 003SH」「GALAPAGOS SoftBank 005SH」に、同社タイトル「ロックマン」「魔界村騎士列伝」「バイオハザード ディジェネレーション」の3D版がプリインストールされることを発表した。

 「GALAPAGOS SoftBank 003SH」「GALAPAGOS SoftBank 005SH」は、ソフトバンクモバイルから11月4日に発表された新型スマートフォンで、いずれも専用メガネなしで立体視可能な液晶画面を搭載する。プリインストールされる「ロックマン」「魔界村騎士列伝」「バイオハザード ディジェネレーション」は、いずれもこの3D立体視対応タイトルとしてプリインストールされる。

 なお「GALAPAGOS SoftBank 003SH」は12月上旬以降、「GALAPAGOS SoftBank 005SH」は2011年2月中旬以降の発売を予定している。


tm_20101104_capcom01.jpg 「ロックマン」
tm_20101104_capcom02.jpg 「魔界村騎士列伝」
tm_20101104_capcom03.jpg 「バイオハザード ディジェネレーション」

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう