調査リポート
» 2010年11月11日 21時17分 UPDATE

ケータイに電話をかける前にメールで確認する? 「すでにマナー」の声も

アイシェアの調査によると、3割以上の人がケータイに電話をかける前に一度メールで都合を確認しているという。若い年代・女性にその傾向が顕著という結果が出た。

[富永ジュン,ITmedia]

 アイシェアは11月10日、ケータイに電話をかける際の意識調査のまとめを発表した。

Photo

 ケータイに電話をかけるときに、先にケータイメールで電話をしていいか確認するかどうかを尋ねたところ、69.8%が「確認しない」と回答したものの、28.4%が「時々確認する」、1.8%が「必ず確認する」と回答した。全体の約3割が「確認する」と答えている。

 男女別で見ると、「確認する」としたのは男性では19.9%にとどまった一方、女性は40.7%と男性の倍以上となり、女性の方が電話の相手を気遣う傾向が強いことがうかがえた。年代別では、40代で28.6%、30代で29.3%、20代で33.6%と若い年代ほど確認する人が多く、20代では「必ず確認する」が5.3%と他の年代より高い結果となった。

 「確認する」理由については、「仕事中ではないかどうか」「電話がかかってくると迷惑な仕事をしている人だから」「相手に赤ちゃんがいるから」「深夜や寝ている時間にかけるとき」「電車に乗っていないかどうか確かめるため」「携帯に電話がかかってきたら無視できないだろうから」など、相手の状況を気遣う理由が多く挙がった。

 しかし、「連絡手段をメールにしていて電話を快く思わない相手だから」など相手の性格によって確認するかを決めるという意見もあるほか、「長い話になりそうなときに聞く」「空振りを避けるため」「すぐ電話が取れるときに電話をしたい」など、自分の都合を優先した理由も目立った。また、「世の中がそういう風潮だから」「マナーとして」「急用でない限り確認する」「習慣で」などメールでの事前確認は当たり前だという意見も一部に見られた。

 同調査は、10月22日から26日の間に無料メール転送サービス「CLUB BBQ」の会員を対象に実施したもの。有効回答数は670人で、そのうちの携帯電話所持者556名の回答をまとめている。男女比は男性52.4%、女性47.6%、年代比は20代26.0%、30代34.0%、40代40.0%。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう