ニュース
» 2010年11月17日 16時37分 UPDATE

BlackBerryでiモードのメールアドレスが利用可能に――12月1日から

NTTドコモが12月1日から、BlackBerry向けインターネット接続サービスの月額利用金を値下げ。合わせてBlackBerryでiモードのメールアドレスを使えるようにする。

[ITmedia]
Photo 12月に発売予定の「BlackBerry Curve 9300」

 NTTドコモは12月1日から、RIMのBlackBerry端末向けに提供しているインターネット接続サービスの月額料金を値下げする。

 同社は現在、BlackBerry向けに「ブラックベリーインターネットサービス」「ブラックベリーエンタープライズサービス」「ブラックベリーデュアルサービス」を、それぞれ月額1575円で提供しているが、12月1日以降はブラックベリーインターネットサービスを月額490円、ブラックベリーエンタープライズサービスとブラックベリーデュアルサービスを月額980円に値下げする。

 さらに同日の9時から、iモード向けのメールアドレスがBlackBerry端末で利用可能になる。「BlackBerry Bold 9700」「BlackBerry Curve 9300」の利用者は、ドコモがスマートフォン向けに提供する「spモード」に登録することで、spモードメール(@docomo.ne.jpアカウントのメール)が使えるようになる。iモードアカウントのメールの利用にあたっては、ドコモのブラックベリー向けポータルサイトからアプリをダウンロードする必要がある。

 なお、BlackBerry向けのspモードメールは、Android端末やWindows Mobile端末向けのものとは若干仕様が異なり、送受信メールが最大8Mバイトまでになるほか、インラインの添付には対応しない。さらにHTMLメール(受信したメールの表示には対応)やデコメアニメにも非対応となる。

 料金については、月額利用料490円のブラックベリーインターネットサービスとspモード(315円)を合わせて利用する場合にはISPセット割が適用され、月額490円で利用できる。

 加えてドコモは、ブラックベリーインターネットサービスの1つとして、有害サイトへのアクセスを制限する「ブラックベリーWebフィルタ」の提供を開始する。ネットスターのURLデータベースに登録された情報をベースにアクセスを制限するサービスで、このフィルタを適用することで、「不法、主張、アダルト、セキュリティ、出会い、ギャンブル、コミュニケーション、グロテスク、成人嗜好、オカルト」のカテゴリーに該当するサイトを除いた一般サイトへのアクセスが可能になる。

 ブラックベリーWebフィルタは、ドコモショップの窓口かドコモ・スマートフォン・ケア(電話)を通じて申し込むことが可能だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう