ニュース
» 2010年12月13日 15時11分 UPDATE

KDDI、携帯電話を使った送金・決済プラットフォーム事業に参入、MFICと提携

KDDIが、米Microfinance International Corporation(MFIC)と提携し、携帯電話を使った送金・決済プラットフォーム事業を開始する。まずは米国で、移民向けにプリペイド送金カードの販売とサービスを提供する。

[園部修,ITmedia]

 KDDIが12月13日、米国の金融ソリューション企業Microfinance International Corporation(MFIC)と提携し、携帯電話を使った送金・決済プラットフォームのグローバル展開を行うと発表した。

 KDDIは12月8日付でMFICの第三者割当増資を引き受け、MFICの優先株22.9%(20%の議決権特約付き)を約18億4000万円で取得。KDDIが持つ通信キャリアのノウハウや、他国の通信キャリアとの関係と、欧米の官民金融機関等との提携関係を持つMFICの高度な金融ノウハウを融合してサービスを開発・提供する。

 なお、今回の提携を受けて、米国のKDDIグループ子会社Locus Telecomunicationsで、2011年1月から移民市場向けのプリペイド送金カードの販売とサービスを提供する。

 世界では、銀行口座を持たない人が約25億人いる(出展:The Financial Access Initiativeによる2009年11月のデータ)といわれる一方、2012年には銀行口座は持たないものの携帯電話は持っている人が2012年には約17億人になるとの予測(出展:CGAP/Consultative Group to Assist the Poorによる2009年6月時点のデータ)もあり、携帯電話による金融サービスの提供が高い注目を集めている。

Photo MFICのプラットフォームによるグローバル送金・決済とKDDIの参画ポジション。KDDIは銀行口座を持つ人も持たない人も利用できるMFICのプラットフォームに出資し、(1)プラットフォーム事業運営に参加、(2)Locus Telecommunicationsが移民市場向けにプリペイド送金カードの販売およびサービス提供を展開、(3)KDDIのキャリアリレーションを生かして、MFICのプラットフォームへ接続するモバイル通信事業者拡大を推進、という3つの分野で協力する

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう