ニュース
» 2010年12月17日 18時17分 UPDATE

iPhoneでランニングデータを視覚的に確認――「Nike+ GPS」に日本語版

走行距離、時間、消費カロリーの測定に加え、地図上でルートやスピードなどのランニングデータを確認できるiPhoneアプリ「Nike+ GPS」の日本語版が1月1日に登場。清原和博さんと安田美沙子さんがランナーを励ます機能も搭載している。

[山田祐介,ITmedia]

 ナイキジャパンは12月17日、ランナー向けiPhoneアプリ「Nike+ GPS」の日本語版を12月21日(※)に配信すると発表した。価格は230円。英語版を購入している場合は、App Storeのアップデートから無料で更新できる。

※初出時、1月1日と記載しましたが、日程が変更となったため更新しました
photo

 Nike+ GPSでは、ランナーのペースや走行距離、時間、消費カロリーなどを測定できるだけでなく、GPSと加速度センサーを活用することで地図上にルートやスピード、タイムを記録し、ランニングにまつわるデータを視覚的に確認できるアプリ。有名人やトップアスリートがランナーを励ます機能も備えており、日本語版アプリには清原和博さんと安田美沙子さんが起用されている。ランニング中やランニング後にメッセージが再生され、ランナーのモチベーションをアップさせるという。

 過去の自分のランニング記録と、距離や速度、時間を競える“Challenge Me”機能を搭載しているほか、300万人以上のメンバーを持つランニングコミュニティ「nikerunning.com」と連携し、ランニングの記録をシンクできる。また、FacebookやTwitterで記録をシェアすることも可能だ。

関連キーワード

ナイキ | ジョギング | GPS | iPhone | iPhoneアプリ


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.