ニュース
» 2010年12月24日 20時31分 UPDATE

携帯販売ランキング(12月13日〜12月19日):ついに上位7モデルがスマートフォンに――初登場「REGZA Phone T-01C」の順位は? (1/5)

Android端末の好調が止まらない。キャリア総合トップ10には新たに「REGZA Phone T-01C」「GALAPAGOS 003SH」が登場し、10モデル中7モデルがスマートフォンに。

[山田祐介,ITmedia]

キャリア総合ランキング TOP10

2010年12月13日〜2010年12月19日
順位前回順位キャリアモデル
1位NTTドコモREGZA Phone T-01C
2位3NTTドコモGALAXY S
3位1NTTドコモLYNX 3D SH-03C
4位2auIS03
5位ソフトバンクモバイルGALAPAGOS 003SH
6位4ソフトバンクモバイルiPhone 4(32Gバイト)
7位5ソフトバンクモバイルiPhone 4(16Gバイト)
8位NTTドコモSH-04C
9位6NTTドコモP-07B
10位NTTドコモP-03C

この記事は、マーケティング会社GfK Japan調べによる全国の家電量販店のPOSデータを集計し、モデル別のランキングで紹介しています。


photo 首位の「REGZA Phone T-01C」

 キャリア総合ランキングでは再び首位が交代した。前回首位の「LYNX 3D SH-03C」に替わって首位を獲得したのは、NTTドコモの富士通東芝製Android端末「REGZA Phone T-01C」だ。初登場で見事首位を獲得した同モデルだが、都内では売り切れている量販店も出ているようだ。次週の順位にも注目したい。

 2位には同じくドコモの「GALAXY S」がランクイン。国内メーカーのAndroid端末が若干優勢に傾いたかにも見えたが、GALAXY Sは前回、前々回と着実に順位を上げてきた。同モデルはおサイフケータイやワンセグなどに対応していない一方で、軽快な動作には目を見張る部分がある。ユーザーの求めている“機能性”とは何かを考える上で、同端末と日本メーカー製Androidのポジション争いは注目すべきポイントかもしれない。

 3位にはLYNX 3D SH-03Cがランクインし、上位3モデルはドコモのAndroid端末という結果に。auのAndroid端末「IS03」は、今回4位という結果になった。そして、5位にはソフトバンクモバイルのAndroid端末「GALAPAGOS 003SH」が初登場でランクインした。ソフトバンク端末は「iPhone 4」以外はなかなかトップ10に浮上することがないが、今回はiPhone 4を追い抜いてのランクインだ。都内量販店では販売スタッフが大々的に同モデルを宣伝する姿も見受けられた。今後の順位にも注目したい。

 Android端末の盛り上がりによって、上位7モデルがスマートフォンという結果になった今回のランキング。フィーチャーフォンとしては、8位にドコモの「SH-04C」が初登場でランクインしている。さらに10位には、同じくドコモで初登場の“LUMIX Phone”「P-03C」がランクインした。

       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.