ニュース
» 2011年01月18日 16時51分 UPDATE

1月19日から順次:「Xperia」、バージョンアップでマルチタッチ操作に対応

1月19日の20時から「Xperia」のバージョンアップが順次提供される。バージョンアップにより一部の不具合が改善されるほか、マルチタッチ操作が可能になる。

[田中聡,ITmedia]
photo 「Xperia(SO-01B)」

 NTTドコモは1月18日、ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ製のスマートフォン「Xperia(SO-01B)」のバージョンアップを1月19日から順次提供することを発表した。

 今回のバージョンアップによってマルチタッチ操作に対応し、2本の指をつまんだり伸ばしたりして縮小と拡大ができるピンチイン/アウトの操作が可能になる。ピンチイン/アウトの操作ができるプリインストールアプリは、ブラウザ、マップ、Office Suite、Moxierメール。これらのアプリもマルチタッチが可能になるようバージョンアップされる。なお、3点以上のマルチタッチ操作と、マルチタッチによる回転操作(Googleマップ5.0で使用する操作)には対応しない。

photo ピンチイン/アウトの操作が可能になる

 また、バージョンアップによって以下の不具合が改善される。

  • 電話帳アプリが起動せずにフリーズする場合がある(OSがAndroid 2.1の場合)。
  • spモードアプリで送信メール作成時に電話帳参照を選ぶと、黒画面でフリーズする場合がある(OSがAndroid 2.1の場合)。

 XperiaのOSがAndroid 2.1の場合、PC接続またはXperiaのパケット通信によってバージョンアップできる。PC接続の場合、PCとXperiaを接続後、「Sony Ericsson PC Software」経由で更新ソフトをダウンロードしてアップデートする。詳細はドコモのWebサイト(外部リンク)を参照。なお、ドコモはPC接続による方法を推奨している。XperiaのOSがAndroid 1.6の場合は、PC接続でのみバージョンアップできる。

 パケット通信の場合、バージョンアップの有無を自動検知し、待受画面上部のステータスバーにアイコンを通知される。ここでステータス画面から「ソフトウェア更新」を選ぶとバージョンアップが開始される。また、「設定」→「端末情報」→「ソフトウェア更新」→「今すぐ更新」からも可能。バージョンアップは無線LAN経由なら通信料は無料だが、3G通信でバージョンアップをする際に、パケット定額サービスに加入してないと約8000円の通信料がかかるので注意したい。

 バージョンアップの開始日時はPC接続の場合が1月19日20時以降順次、パケット通信の場合が1月20日20時以降順次。ネットワーク状況によって時間が前後する場合がある。

 バージョンアップ後もOSはAndroid 2.1のまま変わらない。XperiaのAndroid 2.2へのアップデートについては「現時点では未定」(NTTドコモ広報部)とのこと。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.