ニュース
» 2011年01月24日 16時05分 UPDATE

選ばれたツイートを声優が読み上げて着信音に――「ケークリ」のキャンペーン

ケータイ着信音配信サイト「ケークリ」が、Twitter上で応募したつぶやきを声優が朗読し、着信音として無料で提供する「ツイート朗読キャンペーン」を実施する。

[富永ジュン,ITmedia]

 ヤマハミュージックメディアとディ・キッズは1月24日、ケータイ着信音配信サイト「ケークリ」の10周年を記念してサイトのリニューアルを実施した。

 今回のリニューアルでは、3人の声優が「走れメロス」や「杜子春」「銀河鉄道の夜」の3作品を朗読したコンテンツを販売するケータイ朗読ショップ「声優文庫」がオープンしたほか、歴史小説の朗読コンテンツを販売する「歴史讀物館」をリニューアルし、豊臣五奉行の一人、増田長盛の関ケ原後を描いた「十五年目の殉死」などオリジナルの歴史読み物の提供を開始した。

 また、サイトのマスコットキャラクターとして、「クリの形をした音波を出す謎のキャラクター:ケークリくん」を採用し、ロゴやサイトデザインも一新した。

 さらに10周年記念企画として、応募されたツイートの中から抽選で選ばれたツイートを声優が朗読し、着信音として無料で提供する「ツイート朗読キャンペーン」を実施する。ユーザーからのツイートはTwitterアカウント「@keikuri_cp」で募集している。ハッシュタグ「#k_roudoku」を付けて、どんな言葉をどんな風に朗読してほしいかをツイートすればいい。ツイートそのものだけでなく、ツンデレ風や萌え風に読んでほしいなどのリクエストも受け付ける。

 このほか、作成してほしい着信音をTwitterやケークリサイト内で募集し、オーダーメイドで着信音を作成する「世界にひとつだけの着信音キャンペーン(仮称)」などのイベントを予定している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.