ニュース
» 2011年01月24日 17時01分 UPDATE

公衆無線LANサービスも提供:ドコモの「spモードメール」、2月1日から無線LAN環境でも利用可能に

ドコモのスマートフォン向け「spモードメール」が、2月1日から無線LAN環境でも利用できるようになる。あわせて、spモード利用者向けの公衆無線LANサービスも提供される。

[田中聡,ITmedia]

 NTTドコモのスマートフォン向けメールサービス「spモードメール」が、2月1日から無線LAN環境でも送受信が可能になる。

 spモードメールは、「〜@docomo.ne.jp」のアドレスが利用できるスマートフォン向けのメールサービス。これまでは3G環境でしか送受信ができず、無線LAN接続時は、いったん無線LANをオフにする必要があった。ユーザーは2月1日午前9時から開始されるspモードメールアプリのアップデート(無料)を行うことで、無線LAN経由でもspモードメールを送受信できるようになる。

 なお、新着メールの通知はFOMA回線を経由するので、FOMA圏外の場合はメールの自動受信はできないが、メールの送信と手動による受信は可能。無線LAN環境でspモードメールを利用するには、spモードの設定サイトでWi-Fi利用設定とWi-Fiオプションパスワードの設定のほか、spモードメールアプリのメール設定の「その他」から、Wi-Fiオプションパスワードの入力とWi-Fi接続確認の実行が必要になる。

 spモードメール無線LAN対応の対象機種は、「Xperia」「LYNX SH-10B」「GALAXY S」「GALAXY Tab」「LYNX 3D SH-03C」「REGZA Phone T-01C」。Windows phoneの「SC-01B」「T-01A」「dynapocket T-01B」は対応しない。

photophoto spモードの設定サイト(左)とspモードメールのメール設定(右)で設定が必要になる

 あわせて、ドコモはspモードのオプションサービスとして、公衆無線LANサービスを2月1日午前9時に提供する。同サービスでは、ドコモのMzoneで提供されている全国3200エリアと6800アクセスポイントを利用できる。対応機種はXperia、SH-10B、GALAXY S、GALAXY Tab、SH-03C、T-01C、T-01B、T-01A、SC-01B。全国のドコモショップや量販店、一般販売店、ドコモインフォメーションセンターなどで申し込める。

 公衆無線LANサービスの利用料金は月額315円だが、2011年2月1日から4月30日までのキャンペーン期間中に申し込むと、月額料金が1年間無料になる。また、現在ドコモが実施している「公衆無線LAN新規お申込み無料キャンペーン」では、spモード「公衆無線LANサービス」も対象となる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.