ニュース
» 2011年01月25日 09時30分 UPDATE

有楽町とどう違う?:カフェレストランに併設された「ドコモスマートフォンラウンジ仙台」に行ってきた

NTTドコモが2010年8月に有楽町にオープンした「ドコモスマートフォンラウンジ」は、気軽にスマートフォンを体験できるスペースとして人気を博している。このスマートフォンラウンジの地方展開として、12月10日、期間限定ではあるが杜の都宮城県仙台市に「ドコモスマートフォンラウンジ仙台」がオープンした。

[小林健志(K-MAX),ITmedia]

しゃれた雰囲気のカフェレストラン内にオープン

 「ドコモスマートフォンラウンジ仙台」はJR仙台駅東口から歩いてすぐの所にあるライブハウス「ZeppSendai」の2階に12月10日オープンした。仙台のラウンジは3月21日までの期間限定オープンとなっており、有楽町にあるドコモスマートフォンラウンジのような独立したスペースではなく、既存のカフェレストラン「DUCCA東口店」の店内にオープンしている。

PhotoPhoto 「ドコモスマートフォンラウンジ仙台」の外観(写真=左)。JR仙台駅東口を出てすぐの場所にあるライブハウス「ZeppSendai」の2階に位置する。以前は「DUCCA」の看板がかかっていたが、ドコモスマートフォンラウンジ仙台を内包する形となったため、看板も掛け替えられた(写真=右)
PhotoPhoto 2階の店舗に上がるための入口ではドコモのスマートフォンがお出迎え(写真=左)。秋から冬にかけて発売された新機種にXperiaを加えた6機種が入口にディスプレイされていた(写真=右)
PhotoPhoto ドコモスマートフォンのポスターが並ぶ階段を抜けて(写真=左)、店舗内に入ったところ(写真=右)。店舗入ってすぐの所にタッチ&トライカウンターとスマートフォン体験シートがある

 店舗に入ってすぐの場所にドコモスマートフォンの「タッチ&トライカウンター」と、「スマートフォン体験シート」がある。タッチ&トライカウンターでは、Xperia(SO-01B)、GALAXY S(SC-02B)、GALAXY Tab(SC-01C)、LYNX 3D SH-03C、REGZA Phone T-01C、BlackBerry Curve 9300の6機種を自由に試すことができる。またスマートフォン体験シートには、端末とヘッドフォンが設置されており、音が出る機能やアプリも思う存分試せる。なお、DUCCA東口店自体はカフェレストランであるが、このスペースは飲食をしない人も利用できる。

 ドコモスマートフォンラウンジ仙台には、有楽町のラウンジ同様、スマートフォン専任スタッフが常駐し、スマートフォンに関するさまざまな質問に対応する。有楽町のようにこの場でスマートフォンを購入することはできないが、気に入った端末があり、購入したくなった場合は、ラウンジのすぐ近くにあるヨドバシカメラマルチメディア仙台店やドコモショップ仙台駅東口店に行くといい。

PhotoPhotoPhoto 店舗入ってすぐの窓際にあるスマートフォン体験シート(写真=左)。椅子が大きいように思うかもしれないが、いわゆる“カップルシート”のようになっていて、2人で並んで座れる(写真=中)。窓越しに見える仙台駅前の風景を眺めつつカップルで仲良くスマートフォンを試すもよし、1人でスマートフォンに夢中になるのもよしだ。席には端末とヘッドフォンがあらかじめ設置されている(写真=右)
PhotoPhoto タッチ&トライカウンターの様子(写真=左)。ドコモのスマートフォン6機種を自由に試すことができる(写真=右)

 スマートフォン体験シートやタッチ&トライカウンターの奥は、DUCCA東口店の通常の飲食スペースとなっている。ただ、通常の飲食スペースの一部テーブルにもスマートフォンがあらかじめ設置されている。また、スマートフォンのないテーブルでも、スタッフや店員に「スマートフォン・オーダーシート」を提出すると、希望するスマートフォンを借りられ、1時間無料で体験できる。

PhotoPhoto 店の奥は通常の飲食スペースになっている(写真=左)。窓際の一部のテーブルにはあらかじめスマートフォンが設置されている(画像=右)
PhotoPhoto スマートフォン・オーダーシート(写真=左)をスタッフや店員に提出すれば、希望するスマートフォンを貸し出してくれる。現在は6機種の貸出に対応している。「その他」があるが、2月に発売を控えている「Optimus chat L-04C」もいずれ展示・貸出予定とのことなので、それに対応するものと思われる。飲食スペースではドコモスマートフォンラウンジ仙台オープン期間中の限定メニューとして、11時30分から15時30分のランチタイムに「とろ〜り半熟卵のオムライス 海老ときのこのクリームソース」(サラダ、ドリンク付き950円)(写真=右)が提供される

幅広い層にスマートフォン体験を

 NTTドコモ 東北支社 広報室の日下文男氏は「スマートフォンの人気は高まっていますが、まだ浸透しづらいという現状があります。近くにスマートフォンを売っているお店はあっても、スマートフォンはハードルが高いという方がいらっしゃるので、コーヒーや食事を待っている時間に、“スマートフォンはこんなことができる”ということを感じていただくきっかけがほしいと思いました。」とラウンジ開設の経緯を語った。

 DUCCA東口店自体は若い女性やカップルに人気のカフェレストランだったが、同店店長の田口氏によると、今回ドコモスマートフォンラウンジ仙台を内包した形にしてオープンしたことで、男性客が増加したという。「ドコモさんとコラボすることによって今まで来店する機会の少なかった年齢層・客層を取り込みたいと思いました。今まで30代〜50代の男性はほとんどいらっしゃらなかったのですが、今ではよくいらしていただけるようになっています」とコラボの効果を語っている。

 田口氏は「もちろんもともと来ていただいていた女性の方にも楽しんでいただけると思いました。意外と女性のお客さまも触っていらっしゃいますよ」とも語っており、従来からの客層である女性の来店客にも好評のようだ。「漫画喫茶やインターネットカフェとも違って、最新のスマートフォンを体験できる、仙台にはない新しいタイプの店としてすごくいいと思いました」と今回のドコモとのコラボに手応えを感じているようだ。

 ドコモの日下氏も「今回非常に集客力のあるDUCCAさんというスペースを使って、スマートフォンに興味を持っている方、興味はあるけれども縁が遠いと思っていらっしゃった方に、スマートフォンをより身近に感じていただくために、期間限定でこの場所を使わせていただくことになりました。もともとDUCCAさんは人気のある場所で若い方のほかにも家族連れ、小さなお子様なども入っていただいています。実際オープンした時には50代の女性と20代の親子の方が体験シートに座ってスマートフォンを体験しながら食事をされていましたし、赤ちゃんを連れたママ同士が待ち合わせの間にスマートフォンを体験されていたりと、今まであまりスマートフォンに触れる機会のなかった方にもスマートフォンを身近に感じていただいています」と話しており、幅広い層にスマートフォンを体験してもらえているようだ。

 しゃれた空間で食事を楽しみながら、最新のドコモスマートフォンを体験できる仙台のドコモスマートフォンラウンジ。近くに住むスマートフォンに興味のある方はもちろん、出張や旅行で仙台に寄る機会がある方も、仙台駅のすぐ近くという立地なので、ぜひ立ち寄ってみてはいかがだろうか。

 なお、今回は期間限定オープンとなるが、今後常設するかどうかはまだ未定とのことだった。

ドコモスマートフォンラウンジ仙台

仙台市宮城野区榴岡1-1-1 ZeppSendai2F

TEL:022-292-7238(DUCCA東口店)

開店期間2010年12月10日〜2011年3月21日(無休)

開店時間11:30〜15:30/17:00〜19:00(スマートフォン貸出は20:00まで対応)

※DUCCA仙台店自体は24:00まで営業(日・祝は23:00まで)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう