ニュース
» 2011年02月04日 21時19分 UPDATE

App Town ナビゲーション:iPhone版「全力案内!ナビ」がオービス通知機能を搭載

ユビークリンクが、iPhone版「全力案内!ナビ」のオプション機能として、オービスの設置場所を通知する機能を追加した。アドバンストオプションを購入することで利用できる。

[園部修,ITmedia]

 ユビークリンクが2月4日、iPhone版の「全力案内!ナビ」をバージョンアップした。新バージョンの2.4では、年額600円の「アドバンストオプション」を追加購入することで、ルート案内中にオービス(自動速度違反取締機)の設置場所を通知する機能が利用できる。全力案内!ナビの本体は900円で、購入から1年間利用できる。

 全力案内!ナビは、iPhoneをカーナビ代わりに利用できるナビゲーションアプリ。目的地を設定すると、現在位置の移動に合わせて地図とルートを表示し、文字と音声でガイダンスを行う。クルマのダッシュボードなどに設置すれば、いわゆるカーナビとほぼ同等の機能が利用できる。

 オービス設置場所の通知機能を利用すると、ナビゲーションルート上のオービス設置場所に近づいた場合に、警告アナウンスと警告音、警告表示を出して知らせてくれる。アナウンスは「ここから1キロメートル先までは注意して運転して下さい」と流れ、警告音はオービスの手前からオービスを通過するまで鳴る仕組み。また画面上には「ここから○○km先までご注意」とオービスまでの残り距離を表示するほか、設置場所にはオービスのアイコンが現れる。単純なGPSによる位置通知と違い、ルート上にないものについては通知しないのが特長だ。

 なお通知できるオービスのデータは、全国に674大ある無人式速度取締機のみで、有人式速度取締機などには対応していない。

PhotoPhoto ナビゲーションルート上にあるオービス設置ポイントに近づくと、アナウンスと音、画面表示で警告してくれる

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.