ニュース
» 2011年02月24日 18時01分 UPDATE

ドコモ、Android向けサービスを拡充 Androidマーケットのキャリア決済にも対応

ドコモが3月から順次Android端末向けサービスを拡充する。Androidマーケットでのキャリア決済による購入、電話帳バックアップ、基地局データを活用した位置情報提供などが可能に。さらに、データプランでのspモード利用にも対応する。

[山田祐介,ITmedia]

 NTTドコモは2月24日、同社のAndroid端末向けサービスや機能の拡充を発表した。spモードの新機能として、Androidマーケットでのキャリア決済による購入や電話帳のバックアップ、基地局データを活用した位置情報提供が可能になる。また、データプランでのspモード利用にも対応する。

spモードがさらに多機能に

 spモードの機能拡張により、Androidマーケットの決済手段として、携帯電話の月々の利用料と一緒に支払えるキャリア決済が選択できるようになる。日本円で販売されているアプリが対象で、毎月の利用限度額は1万円。クレジットカードの番号などを登録せずとも、4桁のspモードパスワードを入力するだけでコンテンツが購入できる。3月下旬から提供する予定。

photo Androidマーケットでの利用遷移

 「電話帳バックアップ」機能も3月中旬からspモードで提供する予定。端末の電話帳データを定期的にドコモのサーバで自動バックアップする。iモードで利用している「ケータイデータお預かりサービス」からの電話帳データ移行も可能だ。最大100Mバイト、または3000件のデータをバックアップできる。対応端末は新モデルの「MEDIAS N-04C」、「Xperia arc SO-01C」、「Optimus chat L-04C」で、今後も対応機種を順次増やしていく考え。

 基地局情報を利用したエリア通知機能も追加され、同機能に対応したサービスが使えるようになる。GPSによる位置測位に比べ、(1)屋内や地下でも利用できる、(2)短時間で位置が分かる、(3)消費電力が節約できる、などの特長がある。SNSや交通情報、店舗情報やゲームなどのアプリケーションで活用できる機能で、アクセルモバイルの「駅すぱあと」、カイトの「giveApp」、ゼンリンデータコムの「直感ナビ」などの対応コンテンツが3月下旬から順次提供される。

photo 基地局データを使った位置情報提供が可能に

 なお、3月中旬より、定額データプランや従量データプランのユーザーもspモードが申し込めるようになり、タブレット端末でデータプランを選択しているユーザーもspモードのサービスが使えるようになる。

photo

「BeeTV」対応や取扱説明書アプリも

 ドコモ向け動画配信サービス「BeeTV」のスマートフォンへの本格的なコンテンツ配信も始まる。専用アプリを使い、spモード対応Android端末でBeeTVのコンテンツが閲覧できるようになる。利用料は月額315円。3月24日から提供する。

 そのほか、Android端末向けに取扱説明書アプリ「eトリセツ」を提供することも発表された。説明文から設定画面や機能を起動できたりと、冊子よりも便利な機能を提供する。新モデルMEDIAS N-04C、Xperia arc SO-01C、Optimus Pad L-06Cから提供を始め、順次提供端末を拡大する予定。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.