ニュース
» 2011年03月09日 11時52分 UPDATE

シャープ、スマートフォン向け3Dコンテストに「CG・アニメーション部門」を新設

シャープが3D表示対応スマートフォン向けコンテストに「CG・アニメーション部門」を新設し、プロ・アマを問わず作品を募集する。

[田中聡,ITmedia]

 シャープが、同社の3D表示対応のスマートフォン向けに開催していた「シャープ スマートフォン3Dコンテスト」に「CG・アニメーション部門」を新設し、作品を募集する。期間は4月1日から5月29日まで。

 CG・アニメーション部門では、プロとアマを問わず、CGクリエーターを対象に3D作品を募集し、Web上に公開する。稲蔭正彦教授(慶應義塾大学)、押井守氏(映画監督)、富岡聡氏(CGデザイナー)による審査を実施し、優秀作品(3作品)を選出する。応募作品のファイル形式はMP4、画像サイズは800×480ピクセル、3D方式はside-by-side(Half)。

 優秀作品は、米国アカデミー賞公認の国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル&アジア」とのコラボレーションにより、2011年6月に開催されるSSFF&ASIA 2011の3D部門にノミネートされ、「3D部門優秀賞」の候補となる。受賞作品は、6月24日にSSFF&ASIA 2011の会場で発表される予定。

 コンテストの詳細はシャープのWebサイト(外部リンク)を参照。3Dコンテストに応募された作品ランキングを同サイトで4月1日から閲覧できる。3Dコンテスト応募作品を閲覧できる機種は「LYNX 3D SH-03C」「GALAPAGOS 003SH」「GALAPAGOS 005SH」。

photo シャープ スマートフォン3DコンテストのWebサイト

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう