ニュース
» 2011年03月17日 23時39分 UPDATE

シャープら、「被災地向けソーラー発電システム」提供

シャープと新神戸電機が「被災地向けソーラー発電システム」を準備。25日から順次、緊急避難場所へ配置される。ACコンセントを備え、携帯電話の充電などに使える。

[ITmedia]

 シャープと新神戸電機は「被災地向けソーラー発電システム」250セットを被災地に寄贈する。3月25日から緊急避難場所に順次置かれる。独立型の太陽光発電システムで、ACコンセントを備えており、携帯電話の充電などに使える。

 震災発生を受けシャープが検討し、新神戸電機など関連企業の協力を得て製作。シャープの太陽電池、新神戸電機の蓄電池が使われている。

 なお、今回の寄贈は「都道府県からの要請に基づいた防衛省の被災地に輸送する仕組み」が整ったことから実現したとしている。電力復旧の見通しがたたない地域での活用を見込む。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう