ニュース
» 2011年03月22日 15時16分 UPDATE

NTTグループの公衆無線LANエリアを6月30日まで無料開放

岩手県、宮城県、山形県、福島県、茨城県、長野県のカフェ、ファーストフード、ホテルなどで、NTTグループの公衆無線LANエリアが無料開放されている。

[田中聡,ITmedia]

 NTT東日本、NTTドコモ、NTTコミュニケーションズ、NTTブロードバンドプラットフォームは、岩手県、宮城県、山形県、福島県、茨城県、長野県のカフェ、ファーストフード、ホテルなどでNTTグループが提供する一部の公衆無線LANエリアを、3月18日から6月30日まで無料で開放する。東北関東大震災の被災者や避難者、ボランティアなどで活動する人のインターネット接続環境を提供するため。

 対象サービスは、フレッツ・スポット、Mzone、ホットスポット。対象エリアの詳細は、NTTドコモのWebサイト(外部リンク)を参照。対象エリアであっても、震災の影響で利用できない場合がある。

 ユーザーは無線LAN対応端末のSSIDを「NTT-SPOT」か「wifine」に設定して接続後にブラウザを起動し、最初に表示されたページで「利用する」を選択。「インターネットに接続されました」と表示されてから、最大30分間インターネットを利用できる(30分に1度切断される)。さらに利用するときは、最初のページでもう1度「利用する」を選べばよい。

※初出時に「30分に1度接続される」と記述していましたが、正しくは「30分に1度切断される」です。お詫びして訂正いたします。(3/24 11:43)

photo 公衆無線LANへの接続イメージ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう