ニュース
» 2011年03月22日 21時19分 UPDATE

UQ、「WiMAX被災地支援プログラム」を開始――ノートPCやWiMAX端末を無償提供

UQコミュニケーションズが、東北関東大震災の被災地にWiMAXのインターネット環境を提供する支援プログラムを開始した。

[田中聡,ITmedia]

 UQコミュニケーションズは、東北関東大震災の被災者や救援支援活動の関係者に、WiMAXを用いたインターネット環境を提供する「WiMAX被災地支援プログラム」を3月21日から提供した。

 WiMAX被災地支援プログラムでは、被災地、避難所などで救助支援活動に携わっている公共機関や団体を対象に、UQがノートPCやWiMAX端末と回線を無償で提供する。同プログラムを利用することで、スムーズに救助支援活動を行うとともに、避難者にリアルタイムの情報が届くことが期待される。UQは今後も順次プログラムを拡張することを検討していく。

 今回のプログラムの第1弾として、インテル、ダイワボウ情報システムと共同で、仙台市内の避難所9個所にノートPCとWiMAX端末のセットを届けた。届け先の避難所は以下のとおり。

  • 仙台市若林地区……蒲町中学校、蒲町小学校、七郷小学校
  • 仙台市宮城野地区……高砂中学校、岩切小学校、宮城NPOプラザ
  • 仙台市名取地区……名取中学校、館腰小学校、名取市役所

 なお、震災により、現在全国1万4000基地局のうち、宮城県を中心に約10局のWiMAX基地局が利用できない状況になっている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう