ニュース
» 2011年03月24日 14時44分 UPDATE

ハイスペックiida「G11」とLIFE STYLE PRODUCTS、3月25日から順次発売

2009年に発売されたiida「G9」の後継モデル「G11」が3月25日から発売される。あわせて、G11向け「LIFE STYLE PRODUCTS」も同日に発売される。

[田中聡,ITmedia]

 KDDIは3月24日、iidaの新モデル「G11」(ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ製)を3月25日から販売することを発表した。北陸、中部、関西、中国、四国、九州、沖縄地域では3月25日、北海道地域では3月26日に発売される。東北と関東地域の発売日は未定。

photophoto 「G11」。ボディカラーはBLUE + WHITE、ORANGE + BLACK、BLACK + BLACKの3色

 G11は2009年4月に発売された「G9」の後継機。G9のデザインコンセプトを継承しつつ、操作性とスペックの向上が図られている。デザインはG9やlottaでもおなじみの岩崎一郎氏が手がけている。3.2インチのディスプレイにはキズが付くにくい強化ガラスを採用するほか、側面には塗装の落ちにくい「イオンプレーティング」処理を施したステンレスフレームを採用している。スライド幅60ミリの機構を実現し、十字キーやダイヤルキーはボディ下部に集約させた。ボディ上部のセンサーキーと物理キーを使うことで、本体を閉じたままカーソル移動や決定操作、通話ができる。

 機能も充実させ、下り最大9.2Mbps/上り最大5.5Mbpsの3G通信が可能な「WIN HIGH SPEED」、無線LAN通信が可能な「Wi-Fi WIN」、Bluetoothに対応。CPUには1GHzのSnapdragonを搭載し、スムーズに動作する。ワンセグ、おサイフケータイ、グローバルパスポート(GSM+CDMA)、ドキュメントビューアーも利用可能。防水には対応しない。

 G11の端末代には、毎月の利用料金から24回にわたって一定額を割り引くキャンペーン「春セレクト割」が適用され(沖縄地域は対象外)、最大3万6000円(月額1500円×最大24回)が割り引かれる。

 あわせて、iidaの周辺機器「LIFE STYLE PRODUCTS」の新製品として、G11向けケース「G11 HARD CASE」(1100円)と「MOLESKINE special edition for G11」(2380円)の販売も3月25日に開始する。なお、MOLESKINE special edition for G11はiida SHOPPING(http://iida-auonlineshop.kddi.com/)でのみ販売される。

photophoto 「G11 HARD CASE」(左)と「MOLESKINE special edition for G11」(右)
「G11」の主な仕様
機種名 G11
サイズ(幅×高さ×厚さ) 約51×117×15.9ミリ
重さ 約142グラム
連続通話時間 約200分
連続待受時間 約260時間
メインカメラ 有効約808万画素CMOS(AF、手ブレ補正対応)
サブカメラ
外部メモリ microSDHC(別売/最大16Gバイト)
メインディスプレイ 約3.2インチフルワイドVGA(480×854ピクセル)TFT液晶
サブディスプレイ
ボディカラー BLACK+BLACK、ORANGE+BLACK、BLUE+WHITE
主な機能 LISMO Music、LISMO Video、LISMO Book、au Smart Sports、グローバルパスポートGSM/CDMA、EZナビウォーク、EZ助手席ナビ、ワンセグ、おサイフケータイ(EZ FeliCa)、EZニュースEX、デコレーションアニメ、Bluetooth、赤外線通信、Wi-Fi WIN、WIN HIGH SPEED ほか

Copyright© 2014 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-