ニュース
» 2011年03月31日 12時05分 UPDATE

ヘリをチャーター:Ericssonが被災地でネットワークの復旧作業を開始、衛星電話も提供

Ericssonが、震災で被害を受けたネットワークの復旧作業を開始。その一環としてヘリコプターをチャーターして衛星電話を提供するほか、Ericsson Responseのボランティアを被災地へ派遣する。

[田中聡,ITmedia]
photo ヘリコプター Bell 205をチャーターするEricsson

 Ericssonは3月31日、東北地方にヘリコプター(Bell 205)をチャーターし、同社が日本の通信事業者へ提供しているネットワークの復旧作業を開始したことを発表した。同社は今回の震災で輸送と通信インフラが被害を受けたことで、移動手段が空路のみとなった地域があるためとしている。

 Ericssonは被災地での活動経験があるスタッフを現地へ派遣し、ネットワークの点検と修復、修理作業の支援にあたるとともに、修理用機器を輸送する。ネットワークの復旧作業として、故障した無線基地局と関連機器、電源の復旧と、損傷した鉄塔の修復とコンクリート基礎の交換などを行う。ヘリコプターに集荷してから機内にスペースができた場合、被災地で活動する民間公益団体(NGO)に食料、水、衣類なども贈る。

 また、Ericssonがインフラを提供しているソフトバンクモバイルには、150台の衛星電話を提供する。3月25日に100台の衛星電話をスウェーデンから被災地へ発送し、追加の50台は3月29日に発送した。

 あわせて、衛星電話を活用をサポートするために、Ericsson ResponseがEricssonの社員2人をボランティアとして被災地へ派遣する。社員は4月4日まで滞在する予定。Ericsson Responseのボランティアは、必要に応じて国連の活動を支援するために常時待機している。

photophoto

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.