ニュース
» 2011年04月03日 22時17分 UPDATE

孫社長が100億円寄付 ソフトバンクからも10億円の義援金

ソフトバンクの孫正義社長が東日本大震災の復興支援として100億円を寄付。2011年度から引退するまでの報酬も震災遺児などへの支援に充てる。また、ソフトバンクグループでも10億円の寄付を決定。

[ITmedia]

 ソフトバンクは4月3日、東日本大震災の被災者救済および被災地復興のために10億円の寄付を行うと発表した。また、同社の孫正義社長は100億円を個人として寄付。さらに同氏は、2011年度から引退するまでのグループ代表としての報酬全額を寄付し、震災遺児などを支援する考え。

 寄付金は日本赤十字社や赤い羽根共同募金などを通じて寄付し、NPOやボランティア団体などへの支援や、震災遺児への中長期的な支援などに役立てる予定。そのほか、早急に支援を実現できる寄付の方法を検討していく。

 同社グループでは、ヤフーが3億円の寄付を決定しているほか、Yahoo! JAPANの募金サイト上では約13億円(4月3日時点)の募金が集まっている。ソフトバンクモバイルでは、店頭や携帯電話からの募金を受け付けており、3月31日までに約1億円が集まった。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.