ニュース
» 2011年04月11日 19時39分 UPDATE

ウィルコム、下り最大42Mbpsの法人向け高速データ通信を開始

ウィルコムは法人向けの高速データ通信「3G データ定額ビジネス(S)」を4月22日に開始する。ソフトバンクモバイルの「ULTRA SPEED」を利用し、下り最大42Mbpsのパケット通信が行える。

[平賀洋一,ITmedia]
photo 「HX008ZT」

 ウィルコムは4月11日、法人向けの下り最大42Mbpsの高速データ通信サービス「3G データ定額ビジネス(S)」を4月22日から開始すると発表した。サービス開始に合わせ、専用端末のZTE製「HX008ZT」を発売する。

 3G データ定額ビジネス(S)は、ソフトバンクモバイルが2月下旬に開始した「ULTRA SPEED」を利用した通信サービス。DC-HSDPA技術によって下り最大42Mbps/上り最大上り5.8Mbpsの高速データ通信が行える。ただし、当日を含む直近30日以内の利用データ量が1000万パケットを超えると、通信速度が制限される。

 月額料金は2580円で、200万パケット(2万10000円分)までの無料通信が含まれている。それ以上のデータ通信料は1パケット0.0105円づつが課金されるが、上限は3000円までで、月額料金と合わせて最大5580円で利用できる。

 加入には5回線以上の複数契約が必要で、無料通信分のあまったパケットは契約回線で分け合いが可能。また、2年間の契約期間中に解約すると契約解除手数料9975円がかかる。なお利用できるISPはウィルコムの「PRIN」に限られている。

 ウィルコムの3G通信サービス「WILLCOM CORE 3G」のうち、PC向けサービスでソフトバンクモバイル回線を使うのは今回が初。ウィルコム広報によると個人向けに提供する予定はないという。

photo

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう