ニュース
» 2011年04月14日 15時56分 UPDATE

「みまもりケータイ 005Z」の測位機能が被災地の一部で使えず

ソフトバンクモバイルは、岩手県、宮城県、福島県の沿岸地域で「みまもりケータイ 005Z」の現在地測位機能が使えない場合があると発表した。

[ITmedia]
photo みまもりケータイ 005Z

 ソフトバンクモバイルは4月14日、岩手県、宮城県、福島県の沿岸地域の一部において「みまもりケータイ 005Z」の現在地測位ができない場合があると発表した。

 そのため、対象地域では次のサービスが利用できない可能性があるという。

  • 緊急ブザーが鳴った時に送信されるSMSへの現在地表示
  • 電話をかけた時に送信されるワンタッチSMSへの現在地表示
  • 電池残量が少なくなった時や切れた時に送信されるSMSへの現在地表示
  • PCもしくはソフトバンク携帯電話からの005Z位置検索

 なお、測位機能以外の音声発信と着信およびSMSの送信はすべて正常に利用できるとしている。

 対象となる地域は、岩手県の山田町、田野畑村、釜石市、宮古市、野田村、大槌町、大船渡市三陸町、陸前高田市、宮城県の塩竈市、女川町、岩沼市、気仙沼市、七ヶ浜町、松島町、石巻市、仙台市宮城野区・若林区、多賀城市、東松島市、南三陸町、山元町、亘理町、福島県のいわき市と相馬郡新地町のそれぞれ一部エリア。

 上記3県の沿岸地域では、東日本大震災の影響を受けて通信障害が発生したため、ソフトバンクモバイルでは移動基地局車や衛星IP移動基地局、小型基地局等による臨時基地局を展開している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう