ニュース
» 2011年04月15日 18時03分 UPDATE

ドコモ、音声メッセージサービス「声の宅配便」を提供

NTTドコモが、メッセージの受信をSMSで通知する音声メッセージサービス「声の宅配便」の提供を4月22日に開始する。

[富永ジュン,ITmedia]

 NTTドコモが、音声メッセージサービス「声の宅配便」の提供を4月22日に開始する。

 声の宅配便では、音声メッセージを送信したい相手の携帯電話番号の前に「*2020」を付加して発信すると、声の宅配便センターにつながり、1件あたり最大15分の音声メッセージを録音できる。音声メッセージが録音されると受け手にSMSで通知し、SMS内の「再生」を押すと音声メッセージを聴ける。録音されたメッセージの再生後に、送り手に音声メッセージを返信録音することも可能。音声メッセージは最大500件を録音でき、録音時点から720時間保存できる。また、最大5件は保護して保存することも可能だ。

 月額料金は無料だが、音声メッセージの録音と再生時に通話料が必要。「ファミ割MAX50」に加入している場合は、同一ファミリー割引グループ内の家族へのメッセージ録音は無料となる。

 4月22日発売予定の「らくらくホン ベーシック3」では、発信画面に「声の宅配便ボタン」がソフトキーとして表示され、ワンタッチで簡単に発信できる。今後は、ワンタッチで発信できる機種を増やしていくほか、スマートフォンでも専用アプリを4月下旬からドコモマーケットで提供する予定だ。

 対象機種は、音声発信が可能なFOMA全機種(スマートフォンを含む)。

Photo 「声の宅配便」利用イメージ
Photo 「声の宅配便」発信画面イメージ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.