ニュース
» 2011年04月22日 16時33分 UPDATE

ソフトバンクモバイル、「S!ともだち状況」「S!一斉トーク」「着デコ」を終了

ソフトバンクモバイルは、「S!ともだち状況」「S!一斉トーク」「着デコ」の3サービス9月30日に終了すると発表した。S!ともだち状況の新規受付は、先行して6月30日に終了する。

[ITmedia]

 ソフトバンクモバイルは4月22日、同社携帯電話向けサービスの「S!ともだち状況」「S!一斉トーク」「着デコ」を、9月30日に終了すると発表した。S!ともだち状況の新規受付は6月30日をもって終了する。

 S!ともだち状況は、携帯電話に登録したメンバー同士の今の状態(ステータス)を、ディスプレイ上のアイコンで表示できるサービス。電話やメールが受けられる状態かや、今の気分などを伝えることがで、2007年5月に開始した。

 S!一斉トークは、S!ともだち状況の利用者がトランシーバーのように音声を送りあえるサービス。PTT(プッシュ・ツー・トーク)技術を使っており、同様のサービスはドコモが「プッシュトーク」、auが「Hello Messenger」として提供していたが、2社はすでにサービスを終了している。

 2008年7月に開始した着デコは、電話をかけた相手の呼び出し画面に、あらかじめ設定したテキストや画像、音楽などを組み合わせたメッセージを表示するサービス。

 ソフトバンクモバイルはサービス終了の理由について、「よりニーズの高いコンテンツやサービスに経営資源を集中させるため」している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう