ニュース
» 2011年04月25日 12時31分 UPDATE

KDDI、CDMA 1Xとau ICカード非対応機種のサービスを2012年7月22日に終了

800MHz帯の周波数再編に伴い、KDDIはCDMA 1Xと、au ICカードに対応していないCDMA 1X WINのサービスを2012年7月22日に終了する。

[田中聡,ITmedia]

 KDDIは4月25日、auケータイで利用している800MHz帯周波数の切り替えに伴い、「CDMA 1X」サービスと、「CDMA 1X WIN」のau ICカード非対応機種(「HTC EVO WiMAX ISW11HT」、通信モジュール、データカードを除く)のサービスを、2012年7月22日に終了することを発表した。新800MHz帯に対応しないCDMA 1X WINのau ICカード対応機種については、2012年7月23日から2GHz対応エリアを除き通信ができなくなる。

 サービス終了や通信ができなくなる機種のユーザーは、新800MHzに対応する端末へ機種変更をする必要がある。KDDIは対象ユーザーが機種変更をする際の手数料(2100円)を無料とし、機種変更する機種を特別価格で提供する。

 2012年7月23日以降にサービスが終了する機種と、通信ができなくなる機種は以下のとおり。

「au携帯電話サービス」を終了する機種
シリーズ名 au ICカード 該当機種
WIN W40シリーズ 非対応 W43T、W42K、neon(W42T)、W41T、W41SA、W41K
WIN W30シリーズ 非対応 W33SA、W33SA II、W32T、W32SA、W32K、W31T、W31SA、 W31SA II、W31S、W31K、W31K II、W31CA、PENCK(W31H)
WIN W20シリーズ 非対応 全機種
WIN W10シリーズ 非対応 全機種
WIN W00シリーズ W01K、W02H、W03H
CDMA 1Xシリーズ Aシリーズ全機種(B01K含む)
cdmaOneシリーズ Cシリーズ全機種 (P'sBoat《C314T》、Rapira 《C312SK/C315SK》含む)
モジュール UGEP2-601B、M1XTA01A、D2K's1、D2K's2

通信できなくなる機種(※一部エリアを除く/au携帯電話サービスは継続)
シリーズ名 au ICカード 該当機種
WIN W50シリーズ 対応 W53SA、W52T、W52P、MEDIA SKIN (W52K)、W51T、W51SH、W51SA、W51S、W51P、W51K、W51H、W51CA
WiN W40シリーズ 対応 W45T、W44T、W44T II、W44TIII、W44S、W44K、W44K II、W43SA、W43S、W43K、W43H、W43H II、W43CA、W42SA、W42S、W42H、W42CA、W41SH、W41S、W41H、W41CA
WIN W30シリーズ 対応 W32S、W32H
WIN E00シリーズ 対応 E02SA、E03CA

 KDDIは、東日本大震災の被災者で、上記の対象機種を利用しているユーザーについては、新800MHz帯に対応した携帯電話を無料で交換する。また、同社は2011年4月末までに、福島原発の制限地域を除き、カバーエリアを震災前と同等レベルに回復させる予定(屋内の一部で利用できない場合がある)。並行して新たな基地局を建設し、2011年9月末までに震災と同等の品質に回復させる見通しだ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.