レビュー
» 2011年05月02日 12時34分 UPDATE

iPod Style:カスタマイズも楽しいポータブルBluetoothスピーカー“Jawbone”「JAMBOX」

トリニティが販売する“Jawbone”「JAMBOX」は、バッテリー駆動が可能なポータブルBluetoothスピーカーだ。迫力のある重低音のサウンドが楽しめるほか、スピーカーフォンにもなる。さらに専用サイトにアクセスすると?

[戸津弘貴,iPod Style]
iPod Style

 トリニティが販売する“Jawbone”「JAMBOX」は、バッテリー駆動が可能なポータブルBluetoothスピーカーだ。迫力のある重低音のサウンドが楽しめるほか、スピーカーフォンにもなる。

ts_jambox01.jpg “Jawbone”「JAMBOX」のパッケージ

 筐体サイズは151×57×40ミリ。手のひらにのるコンパクトさで、女性が鞄に入れて持ち歩いても苦にならない327グラムの軽量ボディー。凹凸の少ないボディデザインのため、引っかかることもなくスムーズに出し入れができる。

ts_jambox03.jpgts_jambox04.jpg

ts_jambox05.jpgts_jambox06.jpg 真紅のカラーリングにドットがエンボスされたパンチングメタルの「レッドドット」

 本体上部にボリュームと通話ボタンが、サイドに電源スイッチとステレオミニジャックコネクター(LINE-IN)、充電ポート(Micro-USBコネクタ/充電、MyTALK用)を備えている。筐体上下は、継ぎ目のないラバー素材で覆われており、保護機能だけでなく、インシュレーターの役も果たす。このため音楽再生時には、音量を上げても筐体が振動したり、スピーカーの振動がテーブルなどに伝わりにくく、安定したサウンドを楽しめるのだ。

 バッテリー残量やペアリング状態などの機器の状況を音声で通知してくれる機能(音声アナウンス)も搭載。電源ボタンにはLEDが内蔵されており、充電時および電源投入時に白色に点灯するほか、音楽再生時などのスピーカー利用時には点滅する。

ts_jambox024.jpgts_jambox09.jpg

ts_jambox16.jpgts_jambox15.jpg

 本体サイドの下部にはMicro-USBコネクターによる充電ポートが設けられており、同梱(どうこん)のMicro-USBケーブルとUSB ACアダプターを組み合わせて充電する。またはPCのUSBポートから充電することも可能だ。

 USBケーブルは、30センチと150センチの長さの異なるケーブルが2本、付属しており、自宅用と持ち出し用など利用状況に応じて使い分けることが可能。約90分で80%の急速充電、満充電まで約150分を要するが、満充電の状態から最大約10時間の音楽再生が可能だ。

 iPhoneやPCとはワイヤレスで接続。Bluetooth 2.1+EDR規格で、A2DPプロファイルだけでなくHSP/HFPプロファイルにも対応している。最大8台の機器のペアリング設定を保持でき、同時に2台の機器と接続するマルチポイントに対応(A2DP接続は1台のみ)。ペアリングしているiPhoneで音楽を聴いている際に、別の携帯に電話がかかってきた際にも、すぐさま応答して通話することが可能だ。

ts_jambox014.jpgts_jambox017.jpg メニューバーに、バッテリーインジケーターが表示される

 初めて使用する際(ペアリング機器がない場合)には、電源投入時に自動的にペアリングモード(電源のLEDが赤白色交互に点滅)になり、携帯電話から認識できるようになる。2台目など手動でペアリングする際には、電源ボタンを上方にスライドさせて3秒間保持するとペアリングモードになる。「Headset(iPhoneの場合)」と表示されている機器名が「JAMBOX by Jawbone」となると同時に自動的にペアリングを開始する。パスキー(PINコード)を入力する画面になった場合には、「0000」を入力すれば登録される。iPhoneのメニュー画面にヘッドセットのバッテリーインジケーターが表示されるようになっているのも便利だ。

ts_jambox07.jpgts_jambox08.jpg

ts_jambox12.jpgts_jambox11.jpg スタイリッシュなキャリングケースが付属する

 Bluetooth接続時は、iPhoneやiPadなどの音楽再生、ゲーム、ムービーなど、外部スピーカーとして迫力のあるサウンドを楽しむことができる。その他、同梱されている90センチのミニステレオケーブルでiPodなどのオーディオデバイスを接続して、外部スピーカーとして使用することが可能。また、プレゼンテーションでのムービー再生など、PCのスピーカーでは音量が不足するような状況においても威力を発揮するだろう。

ts_jambox02.jpg 付属品の一覧

 欲をいえば、重低音を強調したセッティング以外にも複数のイコライザー設定や、曲のジャンルごとに好みのスピーカーセッティングが選べると良いように感じた。そのほか、JAMBOXは、スピーカーフォンとしても非常に便利に使うことができる。数人〜10人程度までの会議であれば余裕で全員の声を相手に届け、相手の声もスピーカーで共有することができる。付属のキャリングケースは、コンパクトに折り畳め、非使用時にはじゃまにならない。デザインもよく、持ち運び時には大切なスピーカーを保護することができる。

「MyTALK」ページでカスタマイズ

 Jawbone公式サイト内の「MyTALKページ」にアクセスし、アカウントを作成すると、ファームウェアの更新や、アプリケーションをインストールするなどカスタマイズすることができる。初期状態ではJAMBOXの音声案内は英語だが、「MyTALK」で日本語のファームウェアをダウンロードすると音声アナウンスの言語を日本語に変更することができた。そのほか、クリスマスやバレンタインなど季節毎のカスタム音声や、イメージキャラクターボイス(英語)に変更するなど、カスタマイズの幅は広い。詳細な設定方法、使い方は「MyTALKの使い方」ページを参照すると良いだろう。

ts_jambox0019.jpg 「MyTALK」ページ

 価格はオープンプライスで、実売が1万9800円前後。カラーバリエーションは「ブラックダイアモンド」「グレイヘックス」「ブルーウェーブ」「レッドドット」の4種で、どれもカラーリングとパンチメッシュのデザインが似合っている。ポータブルスピーカーとしてモバイルで使用することはもちろん、自宅やオフィスなどにてメインのスピーカーとして使用しても十分通用するクオリティーだ。機能と音質などを考慮すると非常に高いコストパフォーマンスといえるだろう。

 ※サポートや電波法などの理由で並行輸入品ではなく、正規品を購入する事をおすすめします。技術基準適合証明を取得していない並行輸入品は、電波法違反になる恐れがあります。

Copyright (C) 2002-2017 - iPod Style - All rights reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう