ニュース
» 2011年05月17日 20時03分 UPDATE

ドコモ、「REGZA Phone T-01C」のOSをAndroid 2.2にアップデート

ドコモは5月18日より、「REGZA Phone T-01C」のAndroid 2.2へのアップデートを実施する。OS以外にも、最新版ATOKや、カメラの撮影可能サイズ向上、RZタグラーへの対応といった内容が含まれている。

[ITmedia]

 NTTドコモは、富士通東芝モバイルコミュニケーションズ製のスマートフォン「REGZA Phone T-01C」のソフトウェアアップデートを5月18日より実施すると発表した。

photo 「REGZA Phone T-01C」

 端末OSがAndroid 2.2にバージョンアップするほか、ATOK最新版へのアップデート、カメラの撮影可能最大解像度向上、RZタグラーへの対応、モトヤフォントのインストールといった機能追加も含まれている。

 OSがAndroid 2.2になることで追加される機能は次のとおり。

  • Adobe Flash Player 10.1に対応
  • microSDカードへのアプリ保存
  • アプリの実行速度の2〜5倍に高速化
  • アプリの自動更新・一括更新
  • 音声による文字入力

 T-01C独自の機能として、追加される機能は以下のとおり。

  • NX!Contacts(電話帳)機能
  • グループ機能
  • 連絡先Bluetooth送信機能(1件送信)
  • ワンセグの録画予約機能
  • 取扱説明書アプリ
  • スリープ中のWi-Fi設定メニューの追加
  • 静止画撮影サイズに「1920×1080(HD1080)」を追加
  • 表示フォントにモトヤフォントを追加
  • 最新バージョンのATOK
  • RZタグラー

 バージョンアップは、専用アプリをT-01Cで起動することで行う。起動には、端末本体に50Mバイト以上の空き容量が必要。またアプリはT-01C単体でダウンロードできるが、無線LAN環境と1.5Gバイト以上のmicroSDが必須となる。ダウンロードは、端末のWebブラウザから、FMWORLD → 携帯電話 → T-01C → ご紹介トップ → OS バージョンアップ へとアクセスして行う。

 また、アプリを一旦PCにダウンロードし、microSD経由で端末に適用することもできる。その場合も1Gバイト以上の空き容量があるmicroSDも必要になる。

 バージョンアップを適用すると、従来のAndroid 2.1には戻せないので注意が必要だ。またドコモでは、万が一に備えて端末バックアップを取っておくことを勧めている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう