レビュー
» 2011年05月18日 13時09分 UPDATE

コンセプトモデルは個性的なデザイン:シンプルなデザインが美しい――「iida」のスマートフォンアクセサリに触れてきた

auの2011年夏モデルで、iidaに「INFOBAR A01」と周辺機器が登場した。ここではケースや充電器などの周辺機器を紹介しよう。

[池田憲弘,ITmedia]

 KDDIは5月17日、2011年の夏モデルを発表した。デザインケータイの先駆けとなったau design projectの流れをくむライフスタイルブランド「iida」には初のスマートフォン「INFOBAR A01」が登場したが、iidaは携帯電話のみならず、デザインの優れた周辺機器にも力を注いでいる。今回はINFOBAR A01のスタイリッシュな周辺機器や、iidaから発売されるスマートフォンアクセサリを紹介しよう。

シンプルだがスタイリッシュな専用ケース

photo INFOBAR A01 COVER

 まずは、INFOBAR A01専用のケースから。INFOBARと同じく、深澤直人氏がデザインを手がけた「INFOBAR A01 COVER」と「INFOBAR A01 LEATHER CASE」。INFOBAR A01 COVERはラバータイプのカバーだ。ブラウン、グレー、レッド、グリーン、ネイビーの5色を用意する。薄いラバーがINFOBARによくフィットし、非常に持ちやすい。INFOBAR A01 LEATHER CASEはシンプルな革のケースだ。ケースの表面は3つの穴が開いているだけのシンプルな作りになっていて、革の質感や手触りのよさを強調するデザインとなっている。

photophoto カラーバリエーションはブラウン、グレー、レッド、グリーン、ネイビーの5色(写真=左)。シンプルな革のケースだ(写真=右)
photo AC Adapter JUPITRIS

 ケースと同様に、充電器も個性的なデザインの商品が発表された。「AC Adapter JUPITRIS」はケーブルを巻き付けて格納する充電器だ。ケーブルをヨーヨーのように巻き付けるタイプなので、ケーブルが絡まない。また、手のひらに収まる大きさなので簡単に持ち運べる。充電の際は、背面からコンセントへの差し込み口が出てくる仕組みだ。カラーバリエーションはホワイト、レッド、ピンク、ブルー、シャンパンゴールドの5色を用意する。

photophotophoto 手のひらサイズの充電器(写真=左)。中央の部分にケーブルを巻き付ける(写真=中央)。色は全部で5色(写真=右)

コラボレーション製品は個性的なデザインが並ぶ

 また、夏モデル発表会では、イタリアの文具メーカーであるNAVAとのコラボレーション製品「iida and NAVA」のコンセプトモデルが展示された。これらのスマートフォンケースはINFOBAR A01に限らず、全てのスマートフォンで使える(iida and NAVA IRV01は除く)。その8つのアイテムを見てみよう。

 まずは、JAMES IRVINE氏がデザインした「iida and NAVA IRV01」。この製品は、レザーとストレッチ素材を組み合わせたINFOBAR A01専用のカバーで、色は4種類。

photophotophoto 色は全部で4色(写真=左)。上下の部分がストレッチ素材(写真=中央)。広げるとこのような感じ(写真=右)

 次は、伊藤節、伊藤志信の両氏がデザインしたスマートフォンケース。「iida and NAVA ITO01」は発泡ポリプロピレンのスマートフォンケースだ。発泡ポリプロピレンでスマートフォンの全面を囲むので、衝撃には強そうだ。しかも驚くほど軽い。ケースを首から下げるためのひもが付属している。カラーバリエーションは黄色・黒・青・赤の4種類を用意する。

photophotophoto 色は全部で4色(写真=左)。首から下げるためのひもが付いている(写真=中央)。HTC EVO WIMAXも入った(写真=右)

 「iida and NAVA ITO02」はレザー素材の大きいクリップが特徴だ。カラーバリエーションは赤と黒と白の3種類。バッグなどの持ち物に取り付けることを想定しており、クリップ部分を外に出して取り付ける。本来クリップは目立たないようにするのが普通だが、この製品ではクリップをアクセサリの1つとして他人に見せるスタイルだ。

photophoto 色は全部で3色(写真=左)。大きなクリップ(写真=右)

 手帳を思わせるデザインの「iida and NAVA ITO03」はソフトレザーでスマートフォンを巻く、ラップタイプのケースだ。カラーバリエーションは赤と黒と白の3種類を用意する。ケースを開くとメモとペンを収納するスペースがあることが分かる。試しに、スマートフォンの中でもサイズが大きめである「HTC EVO WIMAX ISW11HT」を入れてみると、大きさがギリギリで入れるのがやっとだった。今後、製品化するにあたっては、この入れ口を広げる予定だという。

photophotophoto 色は全部で3色(写真=左)。メモとペン付き(写真=中央)。HTC EVO WIMAXを入れてみると……(写真=右)

シンプルなケースから、ケースと言えないようなデザインまで

 最後に、KARIM RASHID氏がデザインしたスマートフォンケースを見てみよう。「iida and NAVA RSD01」はシリコン素材のケースだ。四隅を覆うことで端末を浮かせ、テーブルとの摩擦などから端末を守るのだという。カラーバリエーションは赤と黒と緑の3種類を用意する。

photophotophoto 色は全部で3色(写真=左)。スマートフォンを浮かせる(写真=中央)。つけるとこのような感じ(写真=右)

 「iida and NAVA RSD02」はソフトレザー製のシンプルなスマートフォンケースだ。表面は無地だが、裏面は写真のようなおしゃれな柄が入っている。中央のバンドが、側面からスマートフォンが落下することを防ぐ仕組みとなっている。

photophotophoto 色は全部で5色(写真=左)。中央にバンドが付いている(写真=中央)。裏面は柄付きだ(写真=右)

 「iida and NAVA RSD03」はデジタルプリントレザーのスマートフォンケースだ。左上の穴にストラップやひもを通せる。ちなみにHTC EVO WIMAXはサイズが大きいため袋の側面に引っかかり入らなかった。カラーバリエーションは赤、だいだい、黒の3色。

photophoto 左上にひもやストラップを付けられる(写真=左)。スマートフォンを入れるとこのような感じ(写真=右)

 財布のような形状が特徴的な「iida and NAVA RSD04」は、スマートフォンのほかにもお金やカードが入れられる。出かける際に必要なものがほとんどスマートフォンケースの中に入れられるという斬新なコンセプトとなっている。

photophotophoto 色は全部で5色(写真=左)。カードやお金が入る(写真=中央、右)

 これらの「iida and NAVA」シリーズは2011年夏以降に順次発売される。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう