ニュース
» 2011年05月18日 17時29分 UPDATE

スマートフォン用カバーをオーダーメイドできる「カバコレ」――SoftBank SELECTION

ソフトバンクBBは、ソフトバンクモバイルのスマートフォン用カバーに好きな写真を入れて注文できるサービス「カバコレ」を開始する。まずは「AQUOS PHONE 006SH」と「iPhone 4」で利用できる。

[田中聡,ITmedia]

 ソフトバンクBBは5月18日、SoftBank SELECTIONの新サービスとして、ソフトバンクモバイルのスマートフォン向けに「カバコレ」を6月上旬以降から提供することを発表した。

 カバコレは、スマートフォンのカバーに好きな写真を入れて注文できるサービス。サービス開始当初は「AQUOS PHONE 006SH」と「iPhone 4」が対象機種で、006SHはバッテリーカバー、iPhone 4は本体の上に取り付けるカバーをオーダーできる。対応機種は順次拡大していく予定。

photophoto 作成したカバーの例(写真=左)。「AQUOS PHONE 006SH」ではバッテリーカバーを作成するので、本体の厚さはそのままに、カバーを交換できる(写真=右)
photo 006SHに装着したカバー

 カバーのデザインには、白戸家のお父さん、ホールマーク社が提供する約3000点のデザイン、ユーザーが撮影した写真などを使用できる。好きな文字を入れることも可能だ。白戸家のお父さんは、お父さんの表情、お父さんが持つアイテムなどを組み合わせて注文できる。

photo 白戸家のお父さんをモチーフにした素材

photo ホールマーク社のデザイン(写真=右)

 価格は3480円(送料込み)で、6月上旬以降から注文を受け付ける。ソフトバンク携帯電話取扱店で「SoftBank SELECTION カバコレデザインカード」を購入後、カード裏面に記載されたサービスコードをアプリや専用Webサイトで入力するか、アプリや専用Webサイトでデザインを作成し、クレジットカード決済することで注文できる。アプリはAndroid向けに提供する。カバコレの専用サイトは http://www.softbankselection.jp/design/kabakore/ からアクセスできる。作成されたカバーは、受注後、最短7営業日(関東地域の場合)で届けられる。

 なお、ユーザーが送信した写真素材は、ソフトバンク側でチェックし、著作権のある素材や公序良俗に反するものが使われている場合、作成できないことがある。

photophoto ソフトバンクショップなどで配られる、カバコレの決済ができるカード(写真=左)。カバーを注文できるAndroid向けアプリ(写真=右)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう