レビュー
» 2011年06月21日 20時47分 UPDATE

「Xperia acro」の“ここ”が知りたい:第2回 ホーム画面は使いやすい? 赤外線で送受信できるデータは?――「Xperia acro SO-02C/IS11S」

ドコモとau向けスマートフォン「Xperia acro」は赤外線通信を利用できるのが特長の1つだが、どんなデータをやり取りできるのだろうか。また、ホーム画面はXperia arcから変更点はあるのだろうか。

[田中聡,ITmedia]
photophoto ドコモ向け「Xperia acro SO-02C」(左)とau向け「Xperia acro IS11S」(右)。ボディカラーのWhiteとBlackは共通色で、オリジナルカラーとしてSO-02CにはAqua、IS11SにはRubyを用意した
※初出時に写真のキャプションに「Xperia arc SO-01C」と明記していましたが、正しくは「Xperia acro SO-02C」です。お詫びして訂正いたします(6/26 0:31)

質問:ホーム画面のUIはどう?

 NTTドコモとau向けスマートフォン「Xperia acro」のホーム画面のUI(ユーザーインタフェース)には「Xperia arc」と同じものが採用されており、素のAndroidのUIをベースに、ソニー・エリクソン独自のカスタマイズが施されている。ホーム画面は5ページあり、左右にフリックすることでページを切り替えられる。画面をロングタップして「ショートカット」「ウィジェット」「フォルダ」「壁紙」の追加や変更ができるのは標準のAndroid UIでもおなじみの作法だ。

 画面下部には4つの固定アイコンやフォルダを設置でき、自由に入れ替えられる。アプリのショートカットをフォルダに収納することもできるので、ジャンルごとにまとめておくと便利に使えそうだ。アプリ一覧は、画面下部中央のボタンをタップすると呼び出せる。一覧画面には壁紙が透過表示され、左右にスクロールする。一覧にあるアプリの順番を手動で入れ替えたり、アルファベット順、最近インストールした順、よく使う順などに並び替えたりもできる。

 ホーム画面上でピンチインすると、設置しているウィジェットがサムネイル表示され、ウィジェットに触れるとそのページへジャンプする。ホーム画面自体をサムネイル表示させたり、ページの順番を入れ替えたりすることはできない。

 ホームキーを長押しすると、直近で使用したアプリ(最大8つ)が一覧表示され、他のアプリへ手軽に切り替えられる。ただ、この一覧画面からアプリを「終了」させることはできないほか、タスク管理のウィジェットも用意されていない。画面を上から下へフリックすると表れるステータスバーには、不在通知や新着メールなどが表示されるシンプルな仕様。シャープやSamsung端末などでおなじみの、Wi-Fi、Bluetooth、画面の回転などを切り替えられる設定は用意されていない。最近はこうした設定バーを用意した機種が増えているので、少々物足りない感がある。

photophotophotophoto 画面下部の固定アイコンにフォルダも設置できる(写真=左端)。フォルダ名やフォルダアイコンのテーマを選択できる(写真=左中)。アプリ一覧には、1ページあたり4×4(16個)のアイコンが表示される(写真=右中)。右下のアイコンに触れるとアプリが震え、ドラッグ&ドロップで並び順を変えられる(写真=右端)
photophotophotophoto 左下の矢印アイコンを押すと、4つの方法で並び順を変更できる(写真=左端)。ピンチインするとウィジェットが1ページに集約される(写真=左中)。ホームキーを長押しすると、最近起動したアプリが一覧表示される(写真=右中)。ステータスバーはシンプルな作り(写真=右端)

 動作はarcと同様にきびきびしており、ストレスを感じることはない。詳しくはこちらの動画記事も参考にしてほしい。

質問:赤外線通信でアドレス帳以外もやり取りできる?

photo 赤外線ポートはフォトライトの左側にある

 acroは赤外線通信(IrDA)に対応しており、手軽にデータを交換できるのが特長の1つ。赤外線通信に対応しているものの、送受信できるのはアドレス帳のデータのみという機種もあるが、acroではどうか。acroから受信できるデータは「自分の連絡先」「連絡先1件」「連絡先全件」「画像」「ムービー」「オーディオ」の6種類。

 赤外線で送受信できるファイルは最大2Mバイトで、2Mバイトを超えるファイルを送受信しようとすると、送受信できない旨のメッセージが表示される。acroから送信する際に、画像や動画を2Mバイト以下に自動でリサイズするといった機能は用意されていない。

photophoto 「赤外線通信」アプリを起動すると、「送信」「1件受信」「複数件受信」の項目が表れる(写真=左)。送信するデータを選択する(写真=右)
photophotophotophoto 画像や動画はデータの「共有」から「赤外線通信」を選んで送信できる(写真=左端、左中)。送信中にはファイルサイズと送信状況(%)が表示される(写真=右中)。2Mバイトを超えるファイルは送受信できない(写真=右端)

質問:赤外線通信ウィジェットで何ができる?

 赤外線でスピーディに通信できるよう、専用のウィジェットがプリセットされている。ウィジェットの右側を押すと受信待機され、左側を押すと自分の連絡先をすぐに送信できる。自分の連絡先以外のデータをウィジェットから送信することはできない。

photophotophotophoto 「赤外線通信」ウィジェットをプリセットしている(写真=左端)。左のアイコンから自分の連絡先を送信、右のアイコンから受信待機できる(写真=左中)。送信待機中の画面(写真=右中)。アドレス帳データを受信(写真=右端)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.