ニュース
» 2011年06月29日 19時18分 UPDATE

接続アプリも提供:Wi2の公衆無線LANも一部無料で利用できる「UQ Wi-Fiワイド」が登場

UQコミュニケーションズは、公衆無線LANサービス「UQ Wi-Fi」において、無料オプションサービス「UQ Wi-Fiワイド」および専用接続ユーティリティ「UQ Wi-Fiコネクト」を6月30日から提供する。

[富永ジュン,ITmedia]

 UQコミュニケーションズが6月30日から、公衆無線LANサービス「UQ Wi-Fi」で、無料オプションサービス「UQ Wi-Fiワイド」の提供を開始する。合わせて専用接続ユーティリティ「UQ Wi-Fiコネクト」も用意する。

 UQ Wi-Fiは、UQ WiMAXサービスの契約者に無料で提供されている公衆無線LANサービス。UQ Wi-Fiワイドに追加で申し込みをすることで、ワイヤ・アンド・ワイヤレス(Wi2)の「Wi2 300」エリアのうち、Wi-Fiスクエアコミュニティエリアで公衆無線LANサービスが無料で利用できるようになる。

 サービス開始時点での対応アクセスポイント数は日本全国5000カ所以上。今後もアクセスポイント数の拡大を行う。

 UQ Wi-Fiコネクトは、UQ Wi-FiとUQ Wi-Fiワイドを利用する際の、ログインIDやパスワード入力を自動化できるツール。Windows 7/Vista/XP、Mac OS X、Android、iOS(現在App Storeの審査中)に対応したアプリケーションを用意している。利用方法はUQ Wi-Fiのダウンロードページで6月30日10時以降に確認できる。

PhotoPhoto UQ Wi-Fiの接続ユーティリティ、UQ Wi-Fiコネクトの画面イメージ。Windows版とMac版
PhotoPhoto iOS向けとAndroid向けのアプリも開発している。Android版もiOS版と同様、地図などからスポットを探す機能もある。iOS版はAppleに承認を得次第のリリースとなる

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.