ニュース
» 2011年06月30日 18時25分 UPDATE

「CAR NAVITIME」がバージョンアップ オービス通知機能などを搭載

ナビタイムジャパンのナビゲーションサービス「NAVITIME」がクルマで利用できる「CAR NAVITIME」がバージョンアップを実施。道路交通情報機能の改善やオービス通知機能の搭載など、使い勝手を向上させるアップデートを開始した。

[園部修,ITmedia]

 ナビタイムジャパンが6月30日、通信機能付きのカーナビゲーション端末「CAR NAVITIME(WND-01K)」向けのバージョンアップを開始した。バージョンアップは、5月11日に実施したSDHC対応のバージョンアップを行っている場合、通信回線を利用して自動で実施される。

 今回のバージョンアップでは、道路交通情報機能が改善され、現在地周辺の渋滞簡易地図がすぐに表示可能になったほか、交通情報を確認したい道路のフリーワード検索、渋滞簡易地図上での表示エリアの変更などに対応した。また、最近検索した道路の履歴から交通情報を確認することもでき、よく使う道路の情報にアクセスしやすくなっている。

 また全国に680件(2011年6月現在)のオービス(自動速度違反取締装置)の設置地点データを追加している。オービスの設置地点にはアイコンが表示され、クルマがオービス設置位置に近づくと音声で安全運転を促す仕組み。一般道を走行中にはオービスまで600メートル、300メートル、0メートルのタイミングで、高速道路を走行中にはオービスまで1キロ、500メートル、0メートルのタイミングで音声通知を行う。

PhotoPhoto 道路交通情報機能がさらに強化されたほか、オービスの設置場所を通知する機能を追加している

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう