ニュース
» 2011年07月15日 22時00分 UPDATE

携帯販売ランキング(7月4日〜7月10日):「Xperia acro」発売 ランキングはついにスマートフォン一色に (1/4)

携帯販売ランキングにドコモの注目モデル「Xperia acro SO-02C」が参戦。さらに今回はキャリア総合トップ10がスマートフォンで埋めつくされ、スマートフォンの本格的普及の始まりを感じさせる結果となった。

[山田祐介,ITmedia]

キャリア総合ランキング TOP10

2011年7月4日〜2011年7月10日
順位前回順位キャリアモデル
1位NTTドコモXperia acro SO-02C
2位1NTTドコモGALAXY S II SC-02C
3位2auINFOBAR A01
4位3NTTドコモMEDIAS WP N-06C
5位4ソフトバンクモバイルiPhone 4(16Gバイト)
6位6ソフトバンクモバイルiPhone 4(32Gバイト)
7位7auXperia acro IS11S
8位8auAQUOS PHONE IS11SH
9位5auAQUOS PHONE IS12SH
10位9NTTドコモAQUOS PHONE SH-12C

この記事は、マーケティング会社GfK Japan調べによる全国の家電量販店のPOSデータを集計し、モデル別のランキングで紹介しています。


photo 首位の「Xperia acro SO-02C」

 携帯販売ランキングのキャリア総合では、NTTドコモのAndroid端末「Xperia acro SO-02C」が初登場で首位を獲得した。前回、KDDIの「INFOBAR A01」を押さえて首位の座を守った「GALAXY S II SC-02C」だが、3週連続の首位とはならなかった。ドコモの中でも人気の高いグローバルブランドであるXperiaとGALAXY S――今後の順位争いにも注目だ。

 今回のトップ10は、Xperia acro SO-02Cが新たにランクインしたことで、ついにフィーチャーフォンが姿を消す結果となった。最近の傾向としては、スタンダード系、シニア系のフィーチャーフォンこそトップ10に継続的に入るものの、ハイエンド系のフィーチャーフォンは全体的にかつてほどの勢いがなく、総合トップ10に食い込むことはめずらしくなっていた。今後もフィーチャーフォンがトップ10に入ってくることはあるだろうが、今回のランキングは本格的なスマートフォンへのシフトが始まったことを象徴しているように感じる。



       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.